会計ソフト

決算書の見方を正しく理解していますか?--理解しておきたい決算書の見方の基礎

決算書とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表のことである。3つの書類をあわせて、一般的には「財務三表」と呼ばれる。今回は「財務三表」の各書類の見方を解説する。

損益計算書の見方

 損益計算書は、企業の会計期間における営業活動の利益や費用を示す書類です。

損益計算書の例
損益計算書の例

 この書類では、「どのぐらい利益を上げ、その利益を得るためにどのぐらい経費を使ったか」が示されています。

 売上高から、売上原価、販売費、一般管理費、営業外費用などを差し引いて、利益を算出します。

 売り上げを生み出す事業活動や営業外費用の内容などは当期だけで判断するのが難しいので、少なくとも過去2期分の損益計算書と比較した方がいいでしょう。

 損益計算書の見方において重要なのは、損益分岐点を見ることです。売上高が増加しても、実際にはそのために新たな費用が発生しています。

 費用がかかりすぎると、売り上げが増えても利益はゼロになってしまいます。このときの売上高を指して、損益分岐点といいます。損益分岐点を超えるまでは黒字、超えたら赤字になります。

キャッシュフロー計算書の見方

 キャッシュフロー計算書は、企業の会計期間におけるキャッシュフローを示す書類です。損益計算書だけでは、会計期間においてどれだけの資金が投資され、回収されたのかは分かりません。

 例えば、損益計算書では利益が出ているように見えても、売掛金の回収が遅くなると資金不足になってしまいます。

 ここでは実務上、よく利用されている間接法による表示を掲載します。

キャッシュフロー計算書の例
キャッシュフロー計算書の例

 企業の営業活動(本業)、投資活動(投資関連の購入や売却)、財務活動(金融機関や株式、社債発行など)によるキャッシュフローを示しています。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]