コールセンター・コンタクトセンター

eSmileCall:顧客管理から履歴管理、FAQ構築まで対応するコールセンター基盤

コールセンター向けパッケージの「eSmileCall」は、オンプレミスとクラウドの両方に対応し、顧客管理から対応履歴管理、FAQ構築までをサポートする。

eSmileCallのポイント

  • 顧客管理から対応履歴管理、FAQ構築までサポート
  • オンプレミスとクラウドの両方に対応
  • クラウド型IP-PBXシステム「@nyplace」に対応

eSmileCallの製品解説

 パナソニック インフォメーションシステムズの「eSmileCall」は、オンプレミスとクラウドの両方に対応したコールセンター向けパッケージだ。ブラウザから操作でき、顧客管理から対応履歴管理、FAQ構築まで対応する。

編集部おすすめの関連記事

 コンピュータ電話統合(CTI)システムとの連携により着信と同時に顧客を特定し、顧客情報と問い合わせ履歴を表示した画面をポップアップ。受付画面で、顧客の情報を確認して、FAQや履歴を検索しつつ応対できる。FAQはカテゴリやマスタ情報に基づいて分類し、重要度評価スコアの順に表示する。応対履歴から直接FAQを登録することもできる。

 ほかに、顧客情報、ポータル、エスカレーション、アクセスコントロールなどの画面を標準で搭載。画面項目の追加、変更や表示方法、レイアウトをユーザー自身でカスタマイズできる。

 クラウド版では、IP電話交換機(IP-PBX)システムのクラウドサービス「@nyplace」に対応。これにより機器搬入が不要になり、最短3週間でコールセンターの運用を開始できるという。

 データ連携では、Excel形式によるインポートやCSV、Excel形式によるエクスポートをサポート。ほかに業務システムと連携し、顧客対応の充実や業務の効率化を図れる。

eSmileCallの画面
eSmileCallの画面(パナソニック インフォメーションシステムズ提供)
eSmileCallのまとめ
用途と機能オンプレミスとクラウドの両方に対応したコールセンター向けパッケージ
特徴ブラウザから操作でき、顧客管理から対応履歴管理、FAQ構築まで対応する
税別価格オンプレミスが1席あたり20万円から、クラウドが1席あたり月額5000円/
導入企業デアゴスティーニ・ジャパン、りそな銀行、外為どっとコム、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan