CRM

トレタ:顧客台帳を作成して接客に生かせる飲食店向け予約管理システム

飲食店向けSaaSの「トレタ」は、予約受付、予約管理、顧客台帳、ウェブ予約、本部向け機能などを備える。予約を受け付けた際に顧客情報を自動で登録し、常連一覧として利用可能。

トレタのポイント

  • 予約受付、予約管理、顧客台帳、ウェブ予約、本部向け機能などを搭載
  • 「タイムテーブル」と「テーブルレイアウト」で予約を受付、管理する
  • 顧客台帳を自動で作成し、常連一覧として利用可能

トレタの製品解説

 「トレタ」は、予約受付、予約管理、顧客台帳、ウェブ予約、本部向け機能などを備えた飲食店向けSaaSだ。

編集部おすすめの関連記事

 「タイムテーブル」と「テーブルレイアウト」という2種類の条件で予約を受付、管理できる。タイムテーブルは時間軸で予約を管理する機能で、テーブルごとのスケジュールを把握しやすいのが特徴。テーブルレイアウトは実際の店舗のレイアウトで予約を管理する機能で、店内の状況を視覚的に把握しながら運営できるのが特徴だ。

 受付担当者の応対を自動で録音する機能や、顧客からの要望を書き留める手書きメモ機能なども搭載する。

 予約を受け付けた際に顧客情報を自動で登録する。登録した顧客情報は、来店回数や顧客属性、任意のキーワードを使って検索することが可能だ。来店回数の多い順に顧客を並べて表示することで常連の一覧として利用できる。

 店舗ごとに専用のウェブ予約ページを無料で設置できる。希望日が満席でも条件に近い別の候補を表示することで、機会損失を最小限に抑える予約フローになっているという。「Yahoo!予約 飲食店」「ヒトサラ」「ナビタイム」などのグルメサイトから予約を取り込めるため、予約管理の手間を削減できる。

 蓄積した予約データをさまざまな切り口で分析する本部向けの機能も提供する。

 コンピュータ電話統合(CTI)システムと連携する「トレタフォン」をオプションで用意する。電話着信時に電話番号を判別し、既存顧客であれば顧客情報を自動で画面表示する。月ごとの総着信数と通話数、不在着信数のデータを管理する機能も備えている。

トレタの画面イメージ
トレタの画面イメージ(トレタ提供)
トレタのまとめ
用途と機能予約受付、予約管理、顧客台帳、ウェブ予約、本部向け機能などを備えた飲食店向けSaaS
特徴「タイムテーブル」と「テーブルレイアウト」で予約を受付、管理できる。予約を受け付けた際に顧客情報を自動で登録し、常連一覧として利用可能。店舗ごとに専用のウェブ予約ページを無料で設置できる
税別価格店舗あたり月額1万2000円から
導入企業Big Belly、ローストホース、堂島ホテル、リーガロイヤルホテル、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan