PaaS IaaS

アジア太平洋地域のパブリッククラウド成熟市場、2016年は12.8%増の81億ドル超へ

Gartnerは、日本を除くアジア太平洋地域の成熟市場(オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国)を対象とする、パブリッククラウド市場の調査結果を発表した。

 Gartnerは、日本を除くアジア太平洋地域の成熟市場(オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国)を対象とする、パブリッククラウド市場の調査結果を発表した。それによると、2016年の売上高は81億1330万ドルになる見込みで、これは前年の71億9510万ドルに比べ12.8%増。同市場は順調に成長を続け、2020年には145億1340万ドル規模になると予想する。

 パブリッククラウドのサービス種類別では、2016年はソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)の成長率が前年比22.5%で最も高く、売上高は16億7260万ドルになると見込む。予想売上高が最も高いのは、クラウド広告の44億8510万ドル。

残り本文:約979文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan