IaaS PaaS

アジア太平洋地域のパブリッククラウド成熟市場、2016年は12.8%増の81億ドル超へ

Gartnerは、日本を除くアジア太平洋地域の成熟市場(オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国)を対象とする、パブリッククラウド市場の調査結果を発表した。

 Gartnerは、日本を除くアジア太平洋地域の成熟市場(オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国)を対象とする、パブリッククラウド市場の調査結果を発表した。それによると、2016年の売上高は81億1330万ドルになる見込みで、これは前年の71億9510万ドルに比べ12.8%増。同市場は順調に成長を続け、2020年には145億1340万ドル規模になると予想する。

 パブリッククラウドのサービス種類別では、2016年はソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)の成長率が前年比22.5%で最も高く、売上高は16億7260万ドルになると見込む。予想売上高が最も高いのは、クラウド広告の44億8510万ドル。

残り本文:約979文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan