人材採用 ビズリーチ

HRMOS採用管理:応募経路や評価情報までを一元管理するSaaS型人材採用システム

SaaS型人材採用システムの「HRMOS採用管理」は、紹介元社員や採用媒体などの応募経路から評価情報まで、採用に関わる情報を一元管理する。メールの履歴を確認でき、担当者が変わっても引き継ぎできるようになっている。

HRMOS採用管理のポイント

  • 応募経路や評価情報まで採用に関わる情報を一元管理
  • 過去の応募者に対して重複応募アラートを表示
  • メール履歴を確認でき担当者の引き継ぎが容易

HRMOS採用管理の製品解説

 ビズリーチの「HRMOS採用管理」は、SaaS型の人材採用システムだ。紹介元社員や採用媒体などの応募経路から、書類選考官や面接官などの評価情報まで、採用に関わる情報を一元管理する。

編集部おすすめの関連記事

 応募者を検索する際は、名前や出身企業などさまざまな項目で検索できる。過去の応募者は、重複応募アラートが表示されるため二重選考を防げる。メール履歴も確認できるため、担当者が変わっても引き継ぎが容易だ。

 設定済みの面接や要対応メールの有無などを、ダッシュボードでタスクとして表示する。応募者の選考がどのうような状況かも容易に調べることができるという。

 さまざまな視点から実績をレポートとして出力できる。求人媒体ごとの費用対効果や、面接官ごとの面接評価実績などが自動でレポート化する。採用費用を登録して予算管理をすることも可能だ。

HRMOS採用管理の画面イメージ
HRMOS採用管理の画面イメージ(ビズリーチ提供)
HRMOS採用管理のまとめ
用途と機能SaaS型の人材採用システム
特徴紹介元社員や採用媒体などの応募経路から、書類選考官や面接官などの評価情報まで、採用に関わる情報を一元管理する
税別価格スタート時の特別価格で月額5万円で提供中
導入企業ラスクル、Sansan、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan