勤怠管理・労務管理 中央システム

ディーレコ:ICカードやスマホからも打刻できるSaaS型勤怠管理システム

SaaS型勤怠管理システムの「ディーレコ」は、FeliCaやMifareに対応したICカード、NFCに対応したAndroidタブレットからも打刻できる。勤怠データはクラウドに保存され、ダッシュボードで管理する。

ディーレコのポイント

  • ICカードやモバイルアプリ、ブラウザから出退勤の時間を打刻
  • FeliCa、Mifare、NFCに対応した端末を利用可能
  • 勤務形態にあわせて休憩時間や端数処理、法定休日、締め日などを設定できる

ディーレコの製品解説

 中央システムの「ディーレコ」は、SaaS型の勤怠管理システムだ。ICカードやモバイルアプリ(iOS、Android)、ブラウザから出退勤の時間を打刻できる。「FeliCa」「Mifare」に対応したICカードリーダー、または近距離無線通信「NFC」対応のAndroidタブレットを利用する。

編集部おすすめの関連記事

 打刻データはクラウドに保存し、ダッシュボードで管理する。所属やグループごとに打刻忘れや勤怠表の入力間違い、直近1週間の出退勤状況、当月の時間外と時間外見込みなどを確認可能。勤務区分や勤務時間、休憩時間を修正したり、修正した履歴を確認したりできる。

 企業や部署、個人の勤務形態にあわせて、勤務時間や休憩時間、端数処理、法定休日、所定休日、締め日を設定できる。残業時間が多い従業員に対して、色を付けて表示して注意喚起する機能も備えている。

 打刻データをテキストやCSVファイルで出力して、給与計算ソフトと連携させることも可能だ。

スマートフォンで動作する専用アプリの画面
スマートフォンで動作する専用アプリの画面(中央システム提供)
ディーレコのまとめ
用途と機能SaaS型の勤怠管理システム
特徴ICカードやモバイルアプリ(iOS、Android)、ブラウザから出退勤の時間を打刻できる。「FeliCa」「Mifare」に対応したICカードリーダー、または近距離無線通信「NFC」対応のAndroidタブレットを利用
税別価格初期費用:無料、月額利用料金:3000円(100人まで利用可能)、利用者追加料金:300円(10人単位の追加料金)
導入企業道水、マックス、YAMABISHI、サン・アドセンター、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan