CRM

ebica予約台帳:予約台帳と座席管理を電子化した飲食店向け予約管理サービス

飲食店向け予約管理サービスの「ebica予約台帳」は、予約台帳と座席管理を一元管理する。予約は、店舗が設定したルールに基づいて自動的に配席される。顧客の基本情報や嗜好、来店履歴なども管理できる。

ebica予約台帳のポイント

  • 飲食店向けに予約台帳と座席を一元管理できるSaaS型システム
  • 予約を店舗が設定したルールに基づいて自動的に配席できる
  • 予約サイトの構築機能や顧客管理機能も搭載

ebica予約台帳の製品解説

 エビソルの「ebica予約台帳」は、飲食店向けのSaaS型予約管理システムだ。これまで紙で管理していた予約台帳と座席管理をPCとiPadで一元管理する。ブラウザと専用アプリから利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 予約が入ると店舗が設定したルールに基づいて自動的に配席する機能を搭載。オプションで、画面に表示した店内レイアウトから予約を入れる機能も提供する。

 標準のフォームを利用して、オンライン予約サイトを構築することも可能。レストランが運営するサイト上で予約のためのURLをクリックすると、同社が運営する予約サイトに誘導するような仕組みである。このほか、外部の予約サイトから、自店への予約情報を取り込む機能を提供する。予約した顧客に対して、来店直前の確認メールや来店後のフォローメールを自動的に送信する機能も搭載する。

 顧客管理機能を標準で装備する。顧客の基本情報や嗜好、来店履歴などを管理できる。名刺や顔写真などの画像を登録することも可能だ。

 販売時点情報管理(POS)システムや注文登録システム(OES)と連携させることも可能。POSシステムに登録される喫食情報を顧客情報とひも付けたり、OESで管理していているテーブルステータス情報を即座に同期したりできるようになる。

 オプションで、コンピュータ電話統合(CTI)と音声自動応答システム(IVR)と連携する機能を提供。CTIと連携させると、入電と同時に顧客台帳を立ち上げ、既存顧客の場合は情報を表示する。IVRは、営業時間外に自動で予約を受け付ける機能である。

iPadで動作する専用アプリの画面
iPadで動作する専用アプリの画面(エビソル提供)
ebica予約台帳のまとめ
用途と機能飲食店向けのSaaS型予約管理システム
特徴これまで紙で管理していた予約台帳と座席管理をPCとiPadで一元管理。オンライン予約サイトの構築機能や顧客管理機能も搭載
税別価格初期導入費:5万円、月額利用料金:2万円
導入企業 銀座アスター食品、サング、ダイナック、WDI、セレブール、物語コーポレーション、ブルーム、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  3. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]