人材管理 日本オラクル

職場に最高の笑顔をもたらす社員犬の効用--動物ならではの難しさも

ストレス社会で生活する中、動物の姿に癒される人は多い。企業内でペットの存在を目にする機会が増えたのもそのような背景があるのかもしれない。日本オラクルの社員犬であるキャンディから社内におけるペットの効用を探ってみよう。

 1日の大半をデスクに向かって仕事をしているという職場環境や、仕事の責任感からくるプレッシャーなど、何かとストレスがたまりやすい社会人。そんなとき、無邪気な動物の姿を見ると心が癒され、笑顔になれる人も多いはずだ。動物とふれ合うことでストレスを軽減させるアニマルセラピーも近年注目を浴びており、動物が人間に与える癒しの効果は計り知れない。

 そんなストレス軽減効果を狙ってか、このところ企業内で動物の姿を目にすることも珍しくなくなった。米国の企業では自宅のペットを自由に同伴出勤させるといった話も聞くが、日本で最近よく耳にするのは「社員犬」だ。今回はその社員犬の中でも特に日本のIT業界で知名度の高い日本オラクルの社員犬、オールドイングリッシュシープドッグの「Candy」に焦点を当て、その効果を探ってみたい。

編集部おすすめの関連記事

Candyは“グリーティング&ヒーリング アンバサダー”

 日本オラクルのCandyは、社員番号0番のれっきとした正社員。“グリーティング&ヒーリング アンバサダー”という立派な役職が与えられており、毎週水曜日の正午から午後1時半までオラクル青山センターに出勤している。彼女の主な仕事は、従業員や来客者の前で愛らしい姿を見せ、皆を笑顔にすること。彼女の仕事能力は非常に高く、今回の取材中にCandyとふれ合った従業員や来客者たちは、全員笑顔を見せていた。

日本オラクルの「Candy」
日本オラクルの「Candy」。社員番号0番のれっきとした正社員だ

残り本文:約2701文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  3. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]