CRM

Orange Reserve:予約管理や顧客管理の機能を備えた飲食店向けSaaS

飲食店向けSaaSの「Orange Reserve」はiPad上の座席レイアウトから予約できる。予約した顧客は自動的にデータベースに登録、好みの料理を提案などが可能。当日の予約表を印刷して、予約状況をスタッフ全員で共有できる。

Orange Reserveのポイント

  • 予約管理や顧客管理の機能を備えた飲食店向けのSaaS
  • 予約した顧客は自動的にデータベースに登録、好みの料理を提案できる
  • 当日の予約表を印刷して、予約状況をスタッフ全員で共有

Orange Reserveの製品解説

 エスキュービズム・テクノロジーの「Orange Reserve」は、予約管理や顧客管理の機能を備えた飲食店向けのSaaSだ。電話や外部サイト、自店舗サイトなどからの予約を登録、管理する機能を備える。専用アプリをインストールしたiPadから利用する。

編集部おすすめの関連記事

 店内の座席レイアウトを表示した画面で予約を確認、入力する機能を搭載する。日時を選択すると、店内の空席状況を表示。空席をタップすることで、顧客の名前や人数、コースなどの予約情報を入力する画面が表示される。

 予約の受け付けた際の情報は、自動的に顧客データベースに登録する。既存顧客の場合は、予約情報を入力する前に「顧客カルテ」を呼び出せる。電話による予約の場合は、顧客の好みにあったメニューなどを提案することも可能だ。

 複数店舗での予約を確認、入力することも可能。例えば、顧客の希望時間に自店での予約を受け付けられない場合、近くの系列店の空席状況を確認し、予約を登録できる。予約を受けた店舗にはリアルタイムで通知が送られる。

 当日の予約表を印刷して、予約状況をスタッフ全員で共有できる。座席の埋まり具合を4色で色分けして表示して、混雑状況を確認できる。予約の状況から顧客に混み合う時間を避けるなどの提案も可能だ。

 外部の予約サイトと連携する機能も搭載。予約サイトからのメールを自動的にシステムへ反映する機能だ。仮予約として登録されるため、店舗側で予約をコントロールできる。

 このほか、店舗が独自の予約サイトを開設するための機能も提供する。店舗が運営するサイト上で予約のためのURLをクリックすると、予約専用サイトに誘導する仕組みである。

 オプションで、電話と連携する「Orange CTI」とIVR(音声自動応答システム)と連携する「Orange IVR」を用意している。Orange CTIは、電話とiPadを連携させるもので、着信時に電話番号を認識して顧客情報を表示する機能。Orange IVRは、営業時間外に自動応答で顧客からの予約を受け付ける機能である。

「Orange Reserve」の予約入力画面
「Orange Reserve」の予約入力画面(エスキュービズム・テクノロジー提供)
Orange Reserveのまとめ
用途と機能予約管理や顧客管理の機能を備えた飲食店向けのSaaS
特徴電話や外部サイト、自店舗サイトなどからの予約を登録、管理する機能を備える。専用アプリをインストールしたiPadから利用する
税別価格月額9000円から
導入企業 サニーテーブル、ブラウニーサービス、エー・エス・シーソフト、GEKKO、LIVE CREATE、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan