フラッシュストレージ

オールフラッシュか、ハイブリッドか--フラッシュストレージの見極めポイント

フラッシュストレージは、大きく「オールフラッシュ」と「ハイブリッド」に分けられる。その違いとフラッシュストレージの見極めポイントを解説する。

 前編では、フラッシュメモリの種類やインターフェースの違い、最新のトレンドなど、フラッシュストレージを選ぶ際の基礎知識について解説した。後編では、製品を選ぶ際のポイントを説明する。

 “フラッシュストレージ”と銘打つ製品は、EMCジャパン、ネットアップ、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デルなどさまざまなベンダーが提供している。新興ベンダーも含めるとあまりにもなってしまうためカバーしきれないほどだ。

 フラッシュストレージは、大きく「オールフラッシュ」と「ハイブリッド」に分けられる。その違いをきちんと分かっていれば要件にあった製品を見つけられるだろう。

オールフラッシュか、ハイブリッドか

 高価なフラッシュメモリと安価なハードディスクドライブ(HDD)を混在させた「ハイブリッドストレージ」と、フラッシュメモリだけを搭載する「オールフラッシュストレージ」が存在する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2068文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  2. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  3. 【LIXIL/ダスキン事例】1億円近いライセンス費削減も!「定番リモートアクセス」はここが売れている
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. 問い合わせ対応業務が激変! AI技術で高精度・高速化した最新チャットボットはどうすごいのか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]