ストレージ

オールフラッシュか、ハイブリッドか--フラッシュストレージの見極めポイント

フラッシュストレージは、大きく「オールフラッシュ」と「ハイブリッド」に分けられる。その違いとフラッシュストレージの見極めポイントを解説する。

 前編では、フラッシュメモリの種類やインターフェースの違い、最新のトレンドなど、フラッシュストレージを選ぶ際の基礎知識について解説した。後編では、製品を選ぶ際のポイントを説明する。

 “フラッシュストレージ”と銘打つ製品は、EMCジャパン、ネットアップ、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デルなどさまざまなベンダーが提供している。新興ベンダーも含めるとあまりにもなってしまうためカバーしきれないほどだ。

 フラッシュストレージは、大きく「オールフラッシュ」と「ハイブリッド」に分けられる。その違いをきちんと分かっていれば要件にあった製品を見つけられるだろう。

オールフラッシュか、ハイブリッドか

 高価なフラッシュメモリと安価なハードディスクドライブ(HDD)を混在させた「ハイブリッドストレージ」と、フラッシュメモリだけを搭載する「オールフラッシュストレージ」が存在する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2068文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]