フラッシュストレージ

オールフラッシュか、ハイブリッドか--フラッシュストレージの見極めポイント

フラッシュストレージは、大きく「オールフラッシュ」と「ハイブリッド」に分けられる。その違いとフラッシュストレージの見極めポイントを解説する。

 前編では、フラッシュメモリの種類やインターフェースの違い、最新のトレンドなど、フラッシュストレージを選ぶ際の基礎知識について解説した。後編では、製品を選ぶ際のポイントを説明する。

 “フラッシュストレージ”と銘打つ製品は、EMCジャパン、ネットアップ、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デルなどさまざまなベンダーが提供している。新興ベンダーも含めるとあまりにもなってしまうためカバーしきれないほどだ。

 フラッシュストレージは、大きく「オールフラッシュ」と「ハイブリッド」に分けられる。その違いをきちんと分かっていれば要件にあった製品を見つけられるだろう。

オールフラッシュか、ハイブリッドか

 高価なフラッシュメモリと安価なハードディスクドライブ(HDD)を混在させた「ハイブリッドストレージ」と、フラッシュメモリだけを搭載する「オールフラッシュストレージ」が存在する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2068文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan