スイッチ ソフトバンク

費用を億単位で削減--ソフトバンクが2つのデータセンターを仮想統合した意味

ソフトバンクは、2カ所のデータセンターを専用回線でつなぎ、イーサネットファブリック技術を使って仮想的に1つのデータセンターを形成した。

 ビジネスとシステムはクルマの両輪であり、ビジネスの成長にあわせてシステムを更新、拡張できるのがベストだ。だが、年間のIT投資額は決まっている。決められた投資額で稼働中のシステム資産を有効活用することもIT部門の仕事だ。

 ソフトバンクは2014年の夏から冬にかけて、2つの主要なデータセンターをまたがったフラットなレイヤ2(L2)ネットワークを構築した。「イーサネットファブリックならサーバ増設時にスイッチを簡単に付け足せる。データセンター間でリソースを共有できたので回線費用も億単位で削減できた」という。

 ソフトバンクは課題を抱えていた。社内向け業務システムを置いている2カ所の主要データセンターの両方で、ラックや設備、回線などのリソース(資源)が枯渇していたのだ。情報システム基盤を再構築するタイミングだったが、データセンターのリソースが枯渇した状態では着手できない状況だった。

 解決策として、2カ所のデータセンター間を専用回線でつなぎ、ネットワーク機器が備えるイーサネットファブリック技術を使って仮想的に1つのデータセンターを形成した(図1)。それぞれの拠点のL2ネットワークをL2のまま延伸してフラットで巨大なL2ネットワークを形成することによって、互いのリソースを共有できるようにしたのだ。

残り本文:約3028文字 ログインして続きを読んでください。

「スイッチ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]