スイッチ ソフトバンク

費用を億単位で削減--ソフトバンクが2つのデータセンターを仮想統合した意味

ソフトバンクは、2カ所のデータセンターを専用回線でつなぎ、イーサネットファブリック技術を使って仮想的に1つのデータセンターを形成した。

 ビジネスとシステムはクルマの両輪であり、ビジネスの成長にあわせてシステムを更新、拡張できるのがベストだ。だが、年間のIT投資額は決まっている。決められた投資額で稼働中のシステム資産を有効活用することもIT部門の仕事だ。

 ソフトバンクは2014年の夏から冬にかけて、2つの主要なデータセンターをまたがったフラットなレイヤ2(L2)ネットワークを構築した。「イーサネットファブリックならサーバ増設時にスイッチを簡単に付け足せる。データセンター間でリソースを共有できたので回線費用も億単位で削減できた」という。

 ソフトバンクは課題を抱えていた。社内向け業務システムを置いている2カ所の主要データセンターの両方で、ラックや設備、回線などのリソース(資源)が枯渇していたのだ。情報システム基盤を再構築するタイミングだったが、データセンターのリソースが枯渇した状態では着手できない状況だった。

 解決策として、2カ所のデータセンター間を専用回線でつなぎ、ネットワーク機器が備えるイーサネットファブリック技術を使って仮想的に1つのデータセンターを形成した(図1)。それぞれの拠点のL2ネットワークをL2のまま延伸してフラットで巨大なL2ネットワークを形成することによって、互いのリソースを共有できるようにしたのだ。

残り本文:約3028文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan