スイッチ ソフトバンク

ファイアウォール運用負荷を軽減--ソフトバンク、社内LANのアクセス制御に新発想

ソフトバンクはアクセス制御をシンプル化する新たなアイデアを活用している。ファイアウォールの設定変更に伴う作業負荷が高く、ネットワークの規模が拡大していった際に対応しきれなくなるという課題を解消するためだ。

 「ファイアウォールの台数が多いので、新しい拠点ができた際にアクセス制御ルールをすべてのファイアウォールに手作業で反映するのは無理な状況だった」。ソフトバンクのシステム基盤本部でネットワークの構築・運用に携わる前田高尚氏は、同社が抱えていた課題をこう振り返る。

 ソフトバンクは2015年7月、アクセス制御をシンプル化する新たなアイデアを採用した。「新しい拠点ができても、あまり作業が要らない」(システム基盤本部でネットワークの構築・運用に携わる長谷川寛氏)のがメリットだ。アクセス制御ルールをネットワークに反映する際の運用にかかる負荷は77%減った。金額にして年間5000万円から6000万円を削減した。

残り本文:約3097文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan