アクセス管理 オレガ

VVAULT AUDIT:情報漏えいを防止できるファイルサーバログ管理ソフト

ファイルサーバログ管理ソフトウェアの「VVAULT AUDIT」はアクセスログを閲覧、検索する機能を備える。不正アクセスを検知する機能も搭載し、マイナンバー制度にも対応する。

VVAULT AUDITのポイント

  • マイナンバー制度に対応したサーバログ管理ソフトウェア
  • ファイルサーバのアクセスログを閲覧、検索する機能を備える
  • 不正アクセスを検知するアクセス監視機能も搭載

VVAULT AUDITの製品解説

 オレガの「VVAULT AUDIT」は、マイナンバー制度に対応したサーバログ管理ソフトウェアである。ファイルサーバのアクセスログを閲覧、検索する機能を備える。情報漏えい対策に特化したユーザーインターフェース(UI)で、個人またはファイルを中心とした調査が可能。不正アクセスを検知するアクセス監視機能も搭載する。

編集部おすすめの関連記事

 Windowsファイルサーバの共有フォルダに対して、運用管理が正しいアクセス権で行われているか、特定個人情報を含むファイルが確実に削除されているか、不正に持ち込まれた機器によるアクセスがないか、といったアクセス履歴を長期にわたって保存。必要に応じて操作のトレースや不正アクセスの監視ができる。

 日々のアクセス状況や記録したログの件数、データ使用量のモニタリングにはダッシュボードを利用する。万一、情報漏えいが発覚した際には、漏えいしたデータに「誰が、いつ、どこから使用したか」を抽出し、過去にアクセスしたファイルを洗い出せる。

 アクセス監視機能は、特定の条件に合致したアクセスを検知した際、任意の通知先に知らせられる。条件は独自に設定でき、例えば、「人事のフォルダに対して、アクセス権のないユーザーがアクセスした場合に人事担当者にメール通知する」といった運用ができる。アクセス監視機能はEnterpriseライセンスのみで提供する。

 管理サーバからは、複数のサーバに分散しているアクセスログを1カ所に集約して管理可能。各サーバの稼働状況や設定の確認、変更のほか、全てのサーバに対してアクセスログの一括検索を実行できる。

 Windowsのイベントログを活用してファイルのアクセス履歴を記録するため、専用のログサーバや商用データベースは必要ない。記録したログファイルのアーカイブ化による長期保存にも対応する。

 Windows共有フォルダ以外に、同社製ストレージ仮想化ソフト「VVAULT」の仮想ドライブに対してもログ管理が行える。有償版の「VVAULT AUDIT Professional」のほかに、ログ管理期間が2週間までに制限される「VVAULT AUDIT Basic」を無償で提供する。

VVAULT AUDIT 3.0のダッシュボード画面
VVAULT AUDIT 3.0のダッシュボード画面(オレガ提供)
VVAULT AUDITのまとめ
用途と機能マイナンバー制度に対応したサーバーログ管理ソフトウェア
特徴ファイルサーバーのアクセスログを閲覧・検索する機能を備え、情報漏えい対策に特化したユーザーインタフェースで、ユーザー個人またはファイルを中心とした調査を行える。不正アクセスをリアルタイムに検知する機能も搭載する。
対応OSWindows Server 2008 R2/2012/2012 R2、Windows Storage Server 2008 R2/2012/2012 R2
価格(税別)Basicが無料、Professionalが年額5万円、Enterpriseが年額20万円
導入企業ギャガ、など

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]