CRM

TableSolution:予約情報を一元管理できる飲食店向け業務SaaS--系列店に誘導可能

「TableSolution」は、飲食店向けに台帳機能、予約管理などを統合したSaaS。外部の予約集客サイトから情報を自動的に集約でき、顧客が希望する予約に空きがなかった場合には、希望条件に合致する系列店へ誘導することも可能だ。

TableSolutionのポイント

  • 飲食店向けに台帳機能、予約管理、顧客管理などの機能を統合したSaaS
  • 外部の予約集客サイトの情報を自動的に集約する機能も搭載
  • 希望条件に合致する系列店へ誘導することも可能

TableSolutionの製品解説

 VESPERの「TableSolution」は、飲食店向けに台帳機能、予約管理、顧客管理などの機能を統合したSaaSだ。PCだけでなくスマートフォンやタブレットからも利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 台帳機能は飲食業界で一般的に使われてきた予約台帳をシステム化したもの。予約管理に必要な各種リソースのマスタデータを管理する。テーブルや席といったフロアの情報の上で予約状況を管理する仕組みだ。さらに、外部の予約集客サイトの情報を自動的に集約する機能も備えている。

 予約機能は予約専用サイトの構築を支援。レストランが運営するウェブサイトで予約用URLをクリックすると、TableSolutionの予約専用サイトに誘導する仕組みである。受け付けられる組数や人数、席の接続ルール、曜日や営業時間帯ごとの予約ルールなどを設定できる。

 集客を支援するメニュープランの設計、販売を支援する機能も備える。メニューの写真掲載に加え、曜日や時間帯、人数縛り、先着特典など多様なルールを設定できる。顧客が希望する予約希望条件に空きがなかった場合には、希望条件に合致する系列店へ誘導することも可能だ。

 顧客管理機能では、飲食店が保有する顧客情報を管理する。性別、年代といった顧客属性だけでなく、食べ物の好みや来店回数、来店時期、利用店舗、誕生月や来店動機、利用人数など多様な条件で顧客を検索できる。販売時点情報管理(POS)システムと連携する機能も備えており、過去の注文内容、総支払額や平均支払額などといった情報と顧客をひも付けることも可能だ。

 コンピュータ電話統合(CTI)システムと連携して、電話の着信時に顧客情報や予約状況を表示する機能も備える。予約受付時に予約内容を顧客の携帯電話にSMSで送信する機能や、予約前日にリマインドを送信することも可能だ。

iPadで表示したフロア管理画面
iPadで表示したフロア管理画面(VESPER提供)
TableSolutionのまとめ
用途と機能飲食店向けに台帳機能、予約管理、顧客管理などの機能を統合したSaaS
特徴飲食業界で一般的に使われてきた予約台帳のシステム化に加え、インターネット予約の効率や販促効果を向上させるための機能を提供
税別価格1店舗あたり月額1万2000円から
導入企業 HUGE、EVER BREW、ベイクルーズ、ゼットン、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan