会計ソフト

会社の今の健康状態を表す「貸借対照表」の見方

貸借対照表とは、ある一時点における会社の健康状態(財務状態)を利害関係者に報告するための書類。経理や会計の初学者でもすらすら読めるように、貸借対照表の読み方を3つのポイントに絞って解説する。

 書店に行くと決算書の読み方に関する初心者向けのノウハウ本が数多くあります。しかし、それらの本は難解な用語が多用されており、最後まで読み切れず、途中で挫折したという経験を持つ方は少なくないはずです。

 ここでは、難しい専門用語は極力用いずに、経理や会計の初学者でもすらすら読めるように、貸借対照表の読み方を3つのポイントに絞って解説していきます。

貸借対照表とは?

貸借対照表のサンプル
貸借対照表のサンプル(中小企業庁提供)

貸借対照表を作成する目的

 貸借対照表は、ある一時点における会社の健康状態(財務状態)を利害関係者に報告するための書類です。ここでのある一時点とは、基本的には決算日のことを指します。

 日本では3月決算が主流となっているため、3月31日付で貸借対照表を作成する企業が多くなっています。この貸借対照表を作成する基準日を貸借対照表日(3月決算の場合には3月31日)と言います。

 財務状態を簡単に説明すると、会社にどれくらい財産(お金や建物等の固定資産)があるのか、どのくらい借金があるのか、といったお金に関する会社の情報のことです。

 また、利害関係者とは、株主、経営者、債権者(会社の仕入先や銀行)、債務者(会社の得意先)、その他、会社で働く従業員など、当該会社にかかわる全てを指します。

編集部おすすめの関連記事

貸借対照表から読み取れること

 貸借対照表を大きく分けると、右側と左側となります。

 左側は資産の部で構成され、資産の部はさらに、流動資産の部、固定資産の部、繰延資産の部に分けられます。対する右側は、負債の部純資産の部により構成されます。負債の部は流動負債と固定負債に分けられています。

 この右側と左側の最終的な数字が釣り合うことになるため、貸借対照表はバランスシート(B/S)とも呼ばれます。

 貸借対照表からは、会社がどのようにして企業活動に必要な資金を調達しているか、調達した資金をどのように運用しているか、ということを読み取れます。

 それでは、実際に貸借対照表を読み取るためのポイントを紹介していきます。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan