会計ソフト

会社の今の健康状態を表す「貸借対照表」の見方

貸借対照表とは、ある一時点における会社の健康状態(財務状態)を利害関係者に報告するための書類。経理や会計の初学者でもすらすら読めるように、貸借対照表の読み方を3つのポイントに絞って解説する。

貸借対照表を読み取る3つのポイント

 貸借対照表を読み解くポイントは次の3つです。特にこの3つのポイントを押さえれば、基本的にはどの大企業の貸借対照表でも読み取れるようになります。

1.負債、純資産の部を見れば、会社の資金調達方法が分かる

 貸借対照表の右側、すなわち負債の部、純資産の部にはどのようにして企業活動に必要となる資金を調達したか、という情報が記録されます。

 例えば、負債の部に借入金100万円、純資産の部に資本金100万円と記載されているとしたら、会社は200万円の活動資金のうち100万円分は銀行などから借り入れて調達し、100万円分は経営者(中小企業においては、株主=経営者であることが多いため、ここでは簡便的に株主=経営者とする)の個人財産を充当して調達した、ということが読み取れます。

2.資産の部を見れば、調達した資金の使い道が分かる

 貸借対照表の左側、すなわち資産の部には会社が調達した資金をどのように使っているか、という情報が記録されます。

 例えば、流動資産の部に現金100万円、固定資産の部に建物100万円と記載されているとしたら、200万円の活動資金のうち100万円は建物を購入して使ったが、100万円は手元に現金として保有している、ということを読み取れます。

3.資産や負債の分類先が流動、固定のどちらになっているかを考えよう

 資産の部が流動資産、固定資産、繰延資産に、負債の部が流動負債、固定負債に分かれることを上述しました。このように資産や負債が流動と固定に分類される基準はどこにあるのでしょうか。

 基本的には、貸借対照表日から1年を超えるかどうかがポイントです(一般的にワンイヤールールと呼ばれます)。1年以内に支払いを行う、もしくは受けるものは流動に、それ以外のものは固定に分類します。

 例えば、流動負債に50万円の借入金が計上され、固定負債に50万円の借入金が計上されているとしたら、会社には1年以内に返済しなければならない借金が50万円あり、返済日まで1年以上猶予がある借入金が50万円あるということを貸借対照表は示していることになります。

最後に

 上記で貸借対照表とは何か、その作成目的、読み取るポイントを解説してきました。その中でも特にポイントとなるのは次の2点です。

  • ある一時点において会社がどのように資金調達を行ったか、調達資金をどのように使っているか、という情報を示した書類である
  • 貸借対照表の左側を見れば、資金の使い道が分かり、右側を見れば、どのように資金調達を行ったかが分かる

 今はインターネットを通じて、会社の貸借対照表を簡単に入手できます。ぜひ今回の内容を参考に、さまざまな貸借対照表を読み解いてみてください。

※本記事は「MFクラウド公式ブログ」からの転載です。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]