MDM エムオーテックス

LanScope An:スマートデバイスの利用状況を可視化できるMDMツール

iOSやAndroid、Windowsに対応するモバイル端末管理(MDM)ツールの「LanScope An」は、端末やアプリの情報、操作状況を把握する。カメラなどの機能を制限でき、遠隔でデータ消去も可能だ。

LanScope Anのポイント

  • スマートデバイスの利用状況を可視化できるMDMツール
  • iOS、Android、Windowsに対応して、端末やアプリなどの情報を取得して管理
  • 利用ルールを設定して、カメラなどの機能も制限できる

LanScope Anの製品解説

 エムオーテックスの「LanScope An」は、スマートデバイスの利用状況を可視化できるモバイル端末管理(MDM)ツールだ。エンドユーザーの操作状況を把握して費用対効果を見える化したり、管理に必要な情報を自動収集して管理の手間を軽減したりできる。紛失盗難に備えた情報漏えい対策にも使える。

編集部おすすめの関連記事

 iOS、Android、Windowsに対応。端末にエージェントソフトをインストールすることで、スマートデバイスの資産管理、セキュリティ対策、行動管理、活用分析などを行える。クラウドサービスとして提供し、プラットフォームにはMicrosoft Azureを採用する。

 資産管理機能では、端末、設定、アプリの情報を取得。インストールされているアプリを「必須」「許可」「不許可」「保留」に分類して管理できる。業務で必要なアプリを端末に一括配信することも可能である。

 セキュリティ対策では、端末の利用ルールを設定し、それに反した設定変更やアプリ利用、端末操作を把握できる。構成プロファイルを使って、App Storeやカメラ、Safariの利用制限などの各種設定を複数の端末に一括配信可能。紛失盗難時には、リモートで端末をロックしたり、データを初期化(ワイプ)したりして情報漏えいを防ぐ。

 行動管理機能は、端末の位置情報サービスを利用し、複数の端末の現在位置を地図上に表示する。1日の移動履歴を時系列で記録することも可能。紛失や盗難の際の所在確認にも役立つ。

 活用分析機能は、電話、ウェブ閲覧、アプリ利用、設定変更などの端末操作をログとして記録。電話の発信元、着信元をログ化して私的利用の有無を確認するほか、アプリを7つのカテゴリに分類して各カテゴリのアプリの利用頻度を把握できる。

資産情報の一覧画面
資産情報の一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anのまとめ
用途と機能スマートデバイスの利用状況を可視化できるMDMツール
特徴エンドユーザーの操作状況を把握して費用対効果を見える化したり、管理に必要な情報を自動収集して管理の手間を軽減したりできる。紛失盗難に備えた情報漏えい対策にも使える
税別価格年額プラン:1台あたり1200円(登録料として初年度のみ6800円が必要)、地図使用料として1契約あたり8400円(台数問わず)。月額プラン:初期費用が1契約あたり3万円(台数問わず)、1台あたり300円
導入企業池下設計、ウエディングパーク、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、コーエン、アニコム損害保険、ヴァンクール、NTTデータカスタマサービス、東京現像所、愛媛朝日テレビ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan