マーケティング

ファーストフードチェーンのサブウェイ、オムニチャネル戦略の一環としてデジタル部門を新設

外食産業で世界最大となるサブウェイが、米国コネチカット州の本社にデジタル部門を新設する。その背景を同社CIOに聞いた。

 ファーストフードチェーンのSubwayがデジタル部門を新設する。これに伴い、同社は新たに150人を採用し、デジタルテクノロジを推進すると共にオムニチャネル戦略を打ち出そうとしている。

 Subwayは、(店舗数で)2011年にMcDonald'sを抜いて世界最大のレストランチェーンとなった。最高情報責任者(CIO)兼最高デジタル責任者(Chief Digital Officer:CDO)のCarman Wenkoff氏によると、Subwayは新たに社員を採用するまでの間、Accentureと組んでデジタル事業に取り組むという。

 「Subwayは現在さまざまな役職を募集している。実際150人分の空きがあるのだから。今後の予定や人員配置を現実的に考え、あまり急いでやるつもりはない。人が集まるまでの間はパートナーであるAccentureに支援してもらい、採用を進めている」とWenkoff氏は説明する。

 デジタル部門は、Subwayの本社所在地であるコネチカット州ミルフォードが拠点となり、新たに採用される人材もミルフォード勤務となる。Wenkoff氏によると、今回募集している分野は、データ分析、キャンペーンマネジメント、デジタル専門ソフトウェア開発、ユーザーデザイン、グラフィックデザインなど多岐にわたるという。

 Gartnerでは、こうした従来のITとマーケティング機能を組み合わせたデジタル系の業務が大きなトレンドになっているとの見解を示している。世界中でデジタルビジネスが開花し始めているというのだ。Gartnerが84カ国2994人のCIOを対象に行った2016年CIOアジェンダサーベイによると、一般的なCIOはデジタル分野の収益が今後5年で16%から37%まで成長すると見込んでいる。

 Gartnerのフェロー兼バイスプレジデントのDavid Aron氏は、同社がフロリダ州オーランドで開催したイベントGartner Symposium/ITxpoにて、「現在世界全体がデジタルビジネス時代にどっぷりつかっており、多くの企業がデジタル機能をベースに自社のビジネスや経営モデルを再考している」と述べた。

残り本文:約1608文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan