勤怠管理・労務管理

IEYASU:ベンチャー企業向けに無料で利用できる勤怠管理システム

クラウド型勤怠管理システムの「IEYASU」は初期費用と月額費用が無料で利用できる。日次で勤怠を管理し、残業や休日出勤の承認申請などの機能があり、勤務時間、所定時間、みなし時間なども設定できる。

IEYASUのポイント

  • ベンチャー企業向けのクラウド型勤怠管理システム
  • 初期費用、月額費用はともに無料
  • 出退勤データを出力し、Excelの分析レポートにすることも可能

IEYASUの製品解説

 アウトソーシングSRの「IEYASU」は、ベンチャー企業向けのクラウド型勤怠管理システムだ。初期費用、月額費用はともに無料。出退勤データを出力し、Excelの分析レポートにすることも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 主な機能として、日次勤怠、残業や休日出勤の承認申請、日次や月次の集計データのCSV出力、Suicaなどを利用したICカード打刻などがある。また時間の端数処理ルールの変更や、勤務時間、所定時間、みなし時間などの設定が可能だ。

 Excelの分析レポートとして、残業時間の多い従業員をチェックするための残業時間レポート、有休の残日数や取得率を管理する有休管理レポート、労働基準法第36条が定める“36協定”時間を超過している従業員がいないかチェックする36協定時間超過レポートなどのフォーマットが用意されている。

 メールサポートを受ける場合は、1人あたり月額200円必要だ。また導入支援サービスの利用は10万円からとなっている。

IEYASUのまとめ
用途と機能ベンチャー企業向けのクラウド型勤怠管理システム
特徴初期費用、月額費用はともに無料。出退勤データを出力し、Excelの分析レポートにすることも可能
税別価格初期費用、月額費用はともに無料。メールサポートを受ける場合、1人あたり月額200円。導入支援サービスは10万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan