IaaS PaaS プライベートクラウド

2020年のクラウド予測--「ノークラウド」ポリシーは今で言う「ノーインターネット」ポリシーのような珍しい存在に

ガートナーは、企業において今後クラウド利用が常識になるとの調査結果を発表した。2020年になると、「ノークラウド」ポリシーは現在の「ノーインターネット」ポリシーと同じくらい珍しくなり、「クラウドファースト」や、さらに「クラウドオンリー」といった考え方が広まるという

 Gartnerは、企業において今後クラウド利用が常識になるとの調査結果を発表した。2020年になると、「ノークラウド」ポリシーは現在の「ノーインターネット」ポリシーと同じくらい珍しくなり、「クラウドファースト」や、さらに「クラウドオンリー」といった考え方が広まるという。

 現在のクラウド利用状況について、Gartnerリサーチ担当バイスプレジデントのJeffrey Mann氏は「企業の多くがノークラウドポリシーを掲げているにもかかわらず、実際は知らずに使われていたり、使わざるを得ない状況にあったりする」と話す。「クラウドは、ソフトウェア導入時の当たり前の選択肢になっていく。カスタム開発ソフトウェアも同じ状況で、パブリックとプライベートのクラウドを何らかの形で組み合わせたハイブリッドクラウド用に設計される機会が増えるだろう」(同氏)

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]