IaaS PaaS プライベートクラウド

2020年のクラウド予測--「ノークラウド」ポリシーは今で言う「ノーインターネット」ポリシーのような珍しい存在に

ガートナーは、企業において今後クラウド利用が常識になるとの調査結果を発表した。2020年になると、「ノークラウド」ポリシーは現在の「ノーインターネット」ポリシーと同じくらい珍しくなり、「クラウドファースト」や、さらに「クラウドオンリー」といった考え方が広まるという

 Gartnerは、企業において今後クラウド利用が常識になるとの調査結果を発表した。2020年になると、「ノークラウド」ポリシーは現在の「ノーインターネット」ポリシーと同じくらい珍しくなり、「クラウドファースト」や、さらに「クラウドオンリー」といった考え方が広まるという。

 現在のクラウド利用状況について、Gartnerリサーチ担当バイスプレジデントのJeffrey Mann氏は「企業の多くがノークラウドポリシーを掲げているにもかかわらず、実際は知らずに使われていたり、使わざるを得ない状況にあったりする」と話す。「クラウドは、ソフトウェア導入時の当たり前の選択肢になっていく。カスタム開発ソフトウェアも同じ状況で、パブリックとプライベートのクラウドを何らかの形で組み合わせたハイブリッドクラウド用に設計される機会が増えるだろう」(同氏)

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan