SNS Facebook LinkedIn

米国の職場におけるソーシャルメディア利用状況、「息抜き目的」が最多

Pew Research Centerは、米国の職場におけるソーシャルメディアの利用状況を調査し、その結果を発表した。

 Pew Research Centerは、米国の職場におけるソーシャルメディアの利用状況を調査し、その結果を発表した。それによると、職場でソーシャルメディアにアクセスして仕事に活用する一方、仕事と関係なく純粋に息抜きとして使う割合が34%でもっとも多かった。

 米国の職場では、ソーシャルメディアが同僚や外部の専門家などとのコミュニケーションに活用されており、生産性向上につながる可能性があるという。ただし、仕事と関係ない家族や友人などとのやり取りに使われることも多い。フルタイムまたはパートタイムで働く人の就業中のソーシャルメディア利用目的は以下のとおり。

残り本文:約911文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan