CMS

CMSの選び方:無料から月額5万円以下まで--手軽に使えるCMS 8選

ウェブの知識がなくても手軽にウェブコンテンツを作成できるコンテンツ管理システム(CMS)。世の中にはさまざまなCMSがある。お勧めの8つを選りすぐって、それぞれの特徴とあわせて紹介する。

 HTMLやCSSの知識を持たない人でも手軽にウェブコンテンツを作成できるコンテンツ管理システム(CMS)。社内に技術者がいなくても、外部に依頼しなくても簡単にページ更新できるのが魅力だ。

 今回は、世にあふれるさまざまなCMSの中から、月額5万円以下で使える手軽なものを8つえりすぐって、それぞれの特徴とあわせて紹介する。

1.SOY CMS

 GNU GPL v2.0のオープンソースライセンスに基づいて提供されており、無償で利用できる。

 問い合わせ管理、メールマガジン配信、ECサイト構築などの機能を追加できる「SOY App」も充実。無料ながら、さまざまな用途に応じて自在にカスタマイズできる柔軟性と拡張性を備えている。

SOY CMS

2.a-blog cms

 「スタンダードライセンス」の場合、管理ユーザー数が5人で税別5万円。月額料金ではなく、ライセンス購入後は永続的に利用可能だ。

 基本機能を押さえた上で、ポイントになるのはスマホからの更新のしやすさだろう。iOS用アプリ「a-blog cms for iOS」からログインすると、手もとにPCのない環境でも記事の投稿や更新が可能。スマホで撮影した写真をウェブサイトにアップすることも簡単にできる。

 TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)と連携する機能も兼ね備えている。新着記事の公開と同時にTwitterで告知できるほか、Facebookで記事をシェアした際に「いいね」した人としていない人とで、それぞれ別のコンテンツを表示する優れた一面もある。

a-blog cms

3.CMSMix

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1451文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan