IoT

「スマートシティ入門」--コストを抑えつつ、市民の生活を改善

急速な都市化が都市のスマート化を促している。技術を通じて市民の生活を改善するというものだ。このガイドでは、スマートシティの重要な要素について詳しく見てみたい。

 世界の都市化が加速している。2050年には人口の60%が都市に住むと予想されており、都市における技術的発展が進んでいる。このように技術的に進んでいる都市は「スマートシティ」と呼ばれている。目的は、全体的なコストを抑えつつ、優れた通信とサービスを通じて市民の生活を改善することだ。

まとめ

  • スマートシティとは?: IoTセンサーと接続技術を利用して、都市のコンポーネントを結びつけてデータを取得し、市民や訪問者の生活を改善する。
  • 何ができる?: よくあるのが、すぐに情報、通信チャネルなどへのアクセスモバイルアプリを提供するという例だ。市民はこれを利用して、交通渋滞を回避したり、駐車場を見つけたり、路上の穴やゴミ箱が一杯になっていることを報告できる。
  • なぜ重要?: 都市化は世界的な現象で、2050年には人口の60%以上が都市に住むと予想されている。都市を生活しやすい場所にすることは、生活の質という点で不可欠であり、合理化されたサービスで持続性と効率性を強化できる。
  • メリットを受けるのは?: 地球上の全ての人がメリットを受ける。
  • トレンドはいつ?: スマートシティはすでに始まっている。
  • どこで始まっている?: スマートシティ技術を早期に導入しているのは欧州の都市だ。だが、米国の都市も急速にスマートシティの取り組みを進めつつあり、都市のインフラへの技術の組み込みが始まっている。
  • 誰が推進している?: 公共機関、民間企業、連邦、州、市の政府などが、地方自治体が新しい技術を容易に受け入れられるように取り組んでいる。
  • どうやって自分の住む街をスマートシティにできる?:市民は草の根活動を通じて支持を集め、自分たちの政府に技術を組み込むように要請できる。

残り本文:約4442文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan