MDM アイキューブドシステムズ

CLOMO MDM:多様なデバイスをリモートで一括管理できるMDMサービス

クラウド型モバイルデバイス管理サービスの「CLOMO MDM」は、iOSやAndroid、Windowsなどさまざまなデバイスをブラウザからリモートで一括管理できる。カメラ機能の制限やポリシー違反なども管理する。

CLOMO MDMのポイント

  • iOS、Android、Windows、Kindle Fireに対応するMDMサービス
  • 利用状況の確認、デバイス機能の設定、制限、盗難紛失時の緊急対策の機能を搭載
  • システム管理者に代わって24時間364日で対応するサポートオプションを用意

CLOMO MDMの製品解説

 アイキューブドシステムズの「CLOMO MDM」は、さまざまなデバイスをブラウザからリモートで一括管理できるクラウド型のモバイルデバイス管理(MDM)サービスだ。iOS、Android、Windows、Kindle Fireに対応。管理者はブラウザから、デバイスの利用状況の確認、デバイス機能の設定、制限、盗難紛失時の緊急対策などを、組織内の個人やグループに対して一括で行える。

編集部おすすめの関連記事

 利用状況の確認では、デバイスのOSバージョンや電話番号などの基本情報や、利用中アプリの名称とバージョンをリモート操作で取得できる。さらに、「インターネット接続が一定時間ない」「利用禁止アプリをインストールした」などのポリシー違反や、「ルート化」「脱獄」などのセキュリティ違反を自動で検知する。ポリシー違反を検知すると、管理者とともにユーザーにも注意を促すメールを自動送信する。

 デバイス機能の設定と制限では、「パスワード利用の強制」「パスワード文字数の指定」などのパスワード利用ルールを設定するほか、「アプリケーションの購入」「カメラ機能」「SDカードの利用」「スクリーンショットの撮影」といった操作を制限することが可能。「利用可能なWi-Fiアクセスポイント」や「SSID、パスワード」などの各種ネットワークの設定を配布することもできる。

 盗難紛失対策として、リモートでのデバイスデータの消去やデバイスのロック、拾得者に対するメッセージ通知が行える。紛失盗難の際のデバイスの「ロック」や「初期化」などの緊急対策を、システム管理者に代わって24時間364日で対応する有人サポートオプションを用意する。

 オプションサービスとしてほかに、アプリ配布ポータル、ウイルス対策、電子証明書のリモート配布、不正持ち出し対策などを提供する。アプリ配布ポータルは、アプリの遠隔インストールや削除、社内専用アプリ管理ポータルサイトの構築を行えるサービス。不正持ち出し対策では、位置情報と連動したセキュリティ対策をWindowsデバイスに実施できる。

CLOMO MDMの画面
CLOMO MDMの画面(アイキューブドシステムズ提供)
CLOMO MDMのまとめ
用途と機能さまざまなデバイスをブラウザからリモートで一括管理できるクラウド型MDMサービス
特徴iOS、Android、Windows、Kindle Fireに対応。利用状況の確認、デバイス機能の設定、制限、盗難紛失時の緊急対策の機能を備える
税別価格初期費用が1万9800円、基本利用料が月額2100円、サービス利用料が1デバイスあたり月額300円、など
導入企業東急ハンズ、大林組、ガリバーインターナショナル、神島化学工業、桐蔭学園、日本調剤、ノエビアホールディングス、はるやま商事、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan