AI・機械学習

「機械学習」入門--重要性、懸念、活用方法など

アップルやグーグル、トヨタといった世界中の企業が、機械学習機能を備える人工知能(AI)システムの開発にリソースをつぎ込んでいる。このガイドでは、機械学習の本質を解説する。

 人工知能(AI)は1950年代から存在し、その人気は60年以上にわたって浮き沈みしてきた。ところが今になり、ビッグデータ、強力な並列処理、高度なニューラルアルゴリズムが急発達したことで、AIルネサンスが引き起こされている。そして、Amazon.comやFacebook、Googleといった企業が先頭に立とうと先を争う状態だ。AI専門家のRoman Yampolskiy氏いわく、2016年は「AIが飛躍する」年だ。

 さまざまな形態のAIが存在するなかで、知能へ近づくのにもっとも有望な手法が機械学習である。ここでは、それについて解説しよう。


囲碁の対局でLee Sedol氏を敗ったGoogleの「AlphaGo」(画像:Screenshot by Max Taves/CNET )

残り本文:約3638文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  3. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  4. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  5. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]