人材管理 勤怠管理・労務管理

Workcloud:勤怠や有休などを管理する人事労務管理SaaS--300人までを想定

人事労務管理SaaSの「Workcloud」は勤怠管理や有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能を提供する。SuicaやPASMOで出退勤を打刻できる。従業員数300人までの利用を想定している。

Workcloudのポイント

  • 新興企業から中小企業までをターゲットとした人事労務管理サービス
  • 勤怠管理、有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能を提供
  • SuicaとPASMOを出退勤打刻に利用する機能もある

Workcloudの製品解説

 「Workcloud」は、新興企業から300人規模の中小企業までをターゲットとした人事労務管理サービスだ。勤怠管理、有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

 従業員はタイムカードや打刻機を使わずにブラウザから勤怠管理ができる。会社のIPアドレスからのみ打刻機能を使えるようにするといった設定も可能だ。SuicaとPASMOを出退勤打刻に利用する機能もある。

 毎年の有給休暇の繰り越し分などを自動計算する。有給休暇の付与起算日も自由に設定できるため、決まった月や従業員ごとの入社月にすることが可能だ。有給休暇申請は、従業員がどのデバイスからでも簡単に申請できる。

 給与計算に必要な勤怠、残業、有休、欠勤、給与条件の変更などのデータを一元管理する。ワンクリックで給与を自動計算でき、給与明細を作成できる。前月からの変更箇所はハイライトで表示されるので給与担当者も簡単に内容を確認できる。

Workcloudの画面イメージ
Workcloudの画面イメージ(Workcloud提供)
Workcloudのまとめ
用途と機能SaaS型の人事労務管理サービス
特徴新興企業から300人規模の中小企業までをターゲットとしている。勤怠管理、有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能がある
税別価格6~50人で利用する場合、1人あたり月額500円
導入企業Gengo、システムズ ゴー、カフーツ、など

「人材管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]