人材管理 勤怠管理・労務管理

Workcloud:勤怠や有休などを管理する人事労務管理SaaS--300人までを想定

人事労務管理SaaSの「Workcloud」は勤怠管理や有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能を提供する。SuicaやPASMOで出退勤を打刻できる。従業員数300人までの利用を想定している。

Workcloudのポイント

  • 新興企業から中小企業までをターゲットとした人事労務管理サービス
  • 勤怠管理、有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能を提供
  • SuicaとPASMOを出退勤打刻に利用する機能もある

Workcloudの製品解説

 「Workcloud」は、新興企業から300人規模の中小企業までをターゲットとした人事労務管理サービスだ。勤怠管理、有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

 従業員はタイムカードや打刻機を使わずにブラウザから勤怠管理ができる。会社のIPアドレスからのみ打刻機能を使えるようにするといった設定も可能だ。SuicaとPASMOを出退勤打刻に利用する機能もある。

 毎年の有給休暇の繰り越し分などを自動計算する。有給休暇の付与起算日も自由に設定できるため、決まった月や従業員ごとの入社月にすることが可能だ。有給休暇申請は、従業員がどのデバイスからでも簡単に申請できる。

 給与計算に必要な勤怠、残業、有休、欠勤、給与条件の変更などのデータを一元管理する。ワンクリックで給与を自動計算でき、給与明細を作成できる。前月からの変更箇所はハイライトで表示されるので給与担当者も簡単に内容を確認できる。

Workcloudの画面イメージ
Workcloudの画面イメージ(Workcloud提供)
Workcloudのまとめ
用途と機能SaaS型の人事労務管理サービス
特徴新興企業から300人規模の中小企業までをターゲットとしている。勤怠管理、有休管理、給与計算、人事管理、マイナンバーなどの機能がある
税別価格6~50人で利用する場合、1人あたり月額500円
導入企業Gengo、システムズ ゴー、カフーツ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan