会計ソフト

財務会計と管理会計の違い、ちゃんと説明できますか?--基礎から学ぶ企業会計

企業会計は目的に応じて「財務会計」と「管理会計」の2つに分かれる。今回は財務会計と管理会計のそれぞれの役割について紹介する。

 企業が決算報告をしたというニュースを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。その決算報告は、普段から企業が行っている会計活動(企業会計)をもとにしています。企業会計は、目的に応じて、財務会計管理会計という2つに分かれるということをご存じでしょうか?

 今回は、財務会計と管理会計のそれぞれの役割について紹介していきます。

財務会計と管理会計に分かれる企業会計

 企業会計は、一般的に企業会計原則を基準としています。財務会計や管理会計を理解するためにも、まずは、その前提となる企業会計原則を理解することが必要です。それではまず、企業会計原則に関して見ていきましょう。

企業会計原則とは

 企業会計原則は、企業ごとに個別で行われる会計に関して、同じ基準を用いることで比較できるようにすることを目的として定められています。

 企業会計原則には8つの原則があります。

  1. 真実性の原則
  2. 正規の簿記の原則
  3. 資本取引、損益取引区分の原則
  4. 明瞭性の原則
  5. 継続性の原則
  6. 保守主義の原則
  7. 単一性の原則
  8. 重要性の原則

 この中でも、とりわけ重要なのが真実性の原則です。これは粉飾決算や虚偽記載のような、偽りの会計をしてはいけないということが定められている原則になります。

編集部おすすめの関連記事

企業会計を理解する

 そもそも会計とはお金のやり取りなどの経済活動を記録して、伝達するための手段をいいます。その中で、企業の財務状況を把握するのが企業会計となります。

 企業会計は前述のように、大きく財務会計と管理会計に分かれます。財務会計は外部に公表することを目的に、管理会計は企業内で会計面から分析することを目的に作成されます。

 財務会計は外部へ公開をするため、企業会計原則に基づいて作成をすることになりますが、管理会計はあくまでも内部資料として作成されるので、特に基準などはありません。

 ここでは、それぞれの会計に関して詳しく見ていきましょう。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]