会計ソフト

財務会計と管理会計の違い、ちゃんと説明できますか?--基礎から学ぶ企業会計

企業会計は目的に応じて「財務会計」と「管理会計」の2つに分かれる。今回は財務会計と管理会計のそれぞれの役割について紹介する。

財務会計

財務会計を行う目的

 財務会計は前述のように経営状態を外部の利害関係者(ステークホルダー)へ開示するために作成されます。その際には、統一の基準で作成されている財務諸表をもとにして作られます。

財務会計を公表するための方法

 財務会計の公表は決算書(財務諸表)をもとにして行われます。決算書には貸借対照表や損益計算書などが含まれます。

 貸借対照表は、会計期間における企業の資産、負債、純資産の状態を表すことを目的として作成されます(貸借対照表については「会社の今の健康状態を表す『貸借対照表』の読み取り方」も併せてご参照ください)。

 これに対し損益計算書は、会計期間における企業の経営成績を表すことを目的として作成されます。

財務会計の持つ2つの機能

 財務会計には、情報提供機能と利害調整機能という2つの機能があります。

・情報提供機能

 前述の通り財務会計は、利害関係者に対して経営に関する情報を提供することを1つの目的としています。

 例えば、株の配当やキャピタルゲインなどを目的として投資をする投資家が、投資に関する判断をする際の参考として用いられます。ここで必要となる情報は多岐にわたりますが、その中でも特に財務状況に関わる情報が最も重要な項目となります。そのため、前述の決算書を作成することが大切になります。

・利害調整機能

 財務会計が持つ2つ目の機能である利害調整機能は、主に経営者と株主の間での利害を調整することになります。また、その他では株主と債権者の利益を調整することも考えられます。

 経営陣は株主からその会社の経営を任され、会社の利益を最大化する義務が課されていますが、ときに自分の利益を最優先にしてしまうことがあります。そのような対立を未然に防ぐため、財務会計に基づく報告が必要とされます。

 また、株主と債権者の間には、両者とも会社の収益から恩恵を受ける立場であるため、利益の配分方法や割合などを原因として利害関係が生じる可能性があります。財務会計に基づき情報公開をすることで、この対立関係を調整する役目を果たすとも考えられています。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]