開発ツール パイプドビッツ

SPIRAL:ウェブやDB、メール中心のクラウド型情報管理システム--独自アプリにも対応

クラウド型情報管理システムの「SPIRAL」は、データベース、ウェブ、メールを中心とした機能で構成。メールマガジン送信や給与明細の電子化などアプリケーションに活用でき、ユーザー企業独自のアプリケーションも構築できる。

SPIRALのポイント

  • さまざまな業務や業種で利用できるクラウド型の情報管理システム
  • データベース、ウェブ、メールを中心とした機能を備える
  • メールマガジン、給与明細書の電子化に対応するアプリケーションを作成可能

SPIRALの製品解説

 パイプドビッツの「SPIRAL」は、さまざまな業務や業種で利用できるクラウド型の情報管理システムだ。データベース、ウェブ、メールを中心とした機能を備えており、これらを組み合わせることでメールマガジンや給与明細書の電子化などのアプリケーションを作成可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 データベースやメールマガジンを活用した顧客管理の改善、社内の問い合わせの一元管理、社内共有による業務効率の向上、社内教育ツールのブラッシュアップ、コスト部門のプロフィットセンター化などの効果を期待できるという。

 こののほかにアプリケーションを稼働させるための基盤や、仮想化したインフラ基盤、スマートフォン向けアプリの開発と運用に必要なサーバ機能などもクラウド経由で提供する。

 ノンプログラミングでメールマガジンなどのさまざまなアプリケーションを構築できることに加え、開発者独自のプログラムを組み合わせることで、さらに複雑なウェブアプリケーションも構築可能だ。

 ウェブアプリケーションを構築する際に必要なサーバやミドルウェアの設定が必要ないため、開発コストの圧縮やスピードアップが図れる。ウェブアプリの開発環境では、カスタマイズ言語にPHPを採用しており、各種APIも公開している。

SPIRALの基本機能
SPIRALの基本機能(パイプドビッツ提供)
SPIRALのまとめ
用途と機能さまざまな業務や業種で利用できるクラウド型の情報管理システム
特徴データベース、ウェブ、メールを中心とした機能を備えており、これらを組み合わせることでメールマガジン、給与明細書の電子化に対応するアプリケーションを作成可能
導入企業富士通エフ・オー・エム、ツクイ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan