メール ブレイン

blaynmail:ISPからの制限やスパム判定を回避するメール配信システム

クラウド型メール配信システムの「blaynmail」は、独自開発の高速配信エンジンで1時間あたり100万通のメールを配信できる。大規模ネットワークを経由することでISPからの制限や迷惑メールへの分類を回避する。

blaynmailのポイント

  • 独自開発の高速配信エンジンを搭載したクラウド型メール配信システム
  • 1時間あたり100万通のメールを配信できる
  • ISPからの制限や、迷惑メールへの分類を回避できる

blaynmailの製品解説

 ブレインの「blaynmail」は、独自開発の高速配信エンジンで1時間あたり100万通のメールを配信できるクラウド型メール配信システムだ。多数の送信サーバなど、大規模ネットワークを経由することで、インターネットサービスプロバイダー(ISP)から制限を受けたり、迷惑メールに分類されたりすることなく、確実にメールを配信できるとしている。

編集部おすすめの関連記事

 HTMLメール用のエディタを標準搭載している。文字の色やサイズを指摘したり、画像を挿入したりできるのに加え、デザインテンプレートを使用することで素早く手軽にメールを作成できる。HTMLメールの場合は開封率を計測できる。

 従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)向けのメールも作成でき、画像や絵文字などを使ったカラフルなメールを送信可能だ。

 ターゲット配信機能により、登録している宛先データの中から特定条件で絞り込んだグループにメールを配信できる。あらかじめ条件を設定しておくと、条件にマッチした宛先を自動的に追加するため、グループを作成する手間がかからない。

blaynmailの仕組み
blaynmailの仕組み(ブレイン提供)
blaynmailのまとめ
用途と機能独自開発の高速配信エンジンを搭載したクラウド型メール配信システム
特徴1時間あたり100万通のメールを配信できる。大規模ネットワークを経由することで、ISPから制限を受けたり、迷惑メールに分類されたりすることなく、確実にメールを配信できる
税別価格初期費用1万円、登録アドレス数が3000件までの場合、月額2000円
導入企業ボクブロック、ネクスト、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan