ゲートウェイセキュリティ アカマイ・テクノロジーズ

Bot Manager:広告不正クリックや価格調査などのボットを遮断する対策ツール

ボット緩和ツールの「Bot Manager」は、ウェブサイトにアクセスする多様な種類のボットを効率的に管理する。広告不正クリックや価格調査など、悪意のあるボットのトラフィックをブロックする。

Bot Managerのポイント

  • ウェブサイトにアクセスするボットを管理するボット緩和ツール
  • 1300種類以上の良性ボットと、数千の悪性ボットを登録
  • 悪意のあるボットのトラフィックをブロックする

Bot Managerの製品解説

 アカマイ・テクノロジーズの「Bot Manager」は、ウェブサイトにアクセスする多様な種類のボットを効率的に管理するボット緩和ツールだ。企業のサーバとインターネットの間をクラウドサービスで仲介する。

 ボットとは、広告収入を不正に増加させる自動クリックや、他者のブログへの宣伝の書き込み、ネット通販の価格情報の収集といった行為を遂行する自動巡回プログラムのこと。同社によると、ウェブトラフィックの60%超は、ボットによって生成されている可能性があるという。

編集部おすすめの関連記事

 企業のサーバに対してボットからの影響を緩和する機能を提供する。同社の分散コンピューティング基盤から得られる情報に基づいて、ボットのデータベースを管理。1300種類以上の良性ボットを15カテゴリに分類するとともに、数千の悪性ボットも登録されている。利用者がボットの定義を登録することも可能だ。コンテンツ配信ネットワーク(CDN)から発生するトラフィックの監視結果から、未知のボットを検出、特定することも可能だという。

 悪意のあるボットだと判断した場合、トラフィックをブロックする。ボットの特性によって対処を変えるこも可能。ボットトラフィックの減速や遅延、代替コンテンツの提供、代替サーバへのリダイレクトなどを利用者が設定できる。

 2種類のレポート機能を備える。「ボット活動レポート」では、カテゴリ、検出方法、トップURLなど、ボットトラフィックの特性を明らかにする。「ボット分析レポート」では、ボットトラフィックに関する詳細できめ細かい情報を提供する。これによって、ボットトラフィックの動作やボットトラフィックの送信元を把握することが可能だ。

Bot Managerのイメージ図
Bot Managerのイメージ図(アカマイ・テクノロジーズ提供)
Bot Managerのまとめ
用途と機能ウェブサイトにアクセスする多様な種類のボットを効率的に管理するボット緩和ツール
特徴企業のサーバとインターネットの間をクラウドサービスで仲介する。1300種類以上の良性ボットと、数千の悪性ボットを登録。悪意のあるボットだと判断した場合、トラフィックをブロックする
導入企業U.S. Auto Parts Network、など

「ゲートウェイセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]