フラッシュストレージ

フラッシュストレージの選び方:今さら聞けないフラッシュメモリの基礎知識

フラッシュメモリの種類やインターフェースの違い、最新のトレンドなど、フラッシュストレージを選ぶ際の基礎知識を解説する。

 NAND型フラッシュメモリがPCやサーバのストレージとして利用されるようになってから、瞬く間に普及してきた。特に2016年は大きなターニングポイントといえるだろう。

 フラッシュメモリの容量が増え、ビットあたりの単価でエンタープライズのストレージに利用される1分あたり1万5000回転のHDDと価格が並んだ。2020年には、消費者向けHDDでもビット単価でフラッシュメモリの方が安くなると予測されている。そうなれば、ストレージの中心は、HDDからフラッシュメモリへと移行することになるだろう。ただし、全てがフラッシュメモリに置き換わるわけではなく、一部のシステムではHDDが引き続き利用されるはずだ。

 このように、多くのストレージベンダーやハードウェアベンダーが、オールフラッシュのストレージシステムを提供し始めている。

 そこで今回は、フラッシュストレージを選択するときの基礎知識を解説していく。

フラッシュメモリの種類は?

 フラッシュメモリとは、不揮発性記憶素子の半導体メモリで、データの書き込みと削除を高速に実行できる。不揮発性とは、データを保持するのにバッテリなどを必要としない。つまり、電源を切ってもデータが消えない仕組みのことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2326文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]