ウェアラブル

世界ウェアラブルデバイス市場、2020年の出荷台数は2億台超--スマートグラスが急伸

IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は1億190万台で、前年の7900万台に比べ29.0%増えると見込む。

 IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は1億190万台で、前年の7900万台に比べ29.0%増えると見込む。また、2020年は2億1360万台で、2016年から2020年の年平均成長率(CAGR)を20.3%と予想した。

 ウェアラブルデバイスを種類別にみると、2015年の出荷台数はリストバンドが3960万台で全体の50.2%を占めて最も多く、次いでスマートウォッチの3190万台(全体の40.4%)。両者で市場全体の9割以上になっていた。ただし、2020年時点でスマートウォッチのシェアが52.1%あるのに対し、リストバンドは28.5%にほぼ半減する見通し。

 一方、現在はシェアが0.2%しかないスマートグラスは、CAGRが201.2%という急ペースで出荷台数を増やし、2020年に8.8%のシェアを獲得するという。スマートグラスが急拡大する要因を、IDCモバイルデバイストラッカー担当シニア調査アナリストのJitesh Ubrani氏は、「企業の作業現場や工場などで従来型コンピューティングデバイスを補ったり置き換えたりする」と指摘した。

残り本文:約962文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]