マーケティングオートメーション イノーバ

Cloud CMO:CMS内蔵のSaaS型MAツール--コンテンツマーケティングに特化

Cloud CMOのポイント

  • ウェブサイトのコンテンツ管理システム(CMS)を内蔵したSaaS型MAツール
  • コンテンツ制作、SEO対策、SNS投稿、メルマガ配信、アクセス解析などを提供
  • オウンドメディアを構築し、企業の情報発信を支援する

Cloud CMOの製品解説

 イノーバの「Cloud CMO」は、ウェブサイトのコンテンツ管理システム(CMS)を内蔵したSaaS型マーケティングオートメーション(MA)ツールだ。コンテンツ制作、SEO対策、SNS投稿、メルマガ配信、アクセス解析などをオールインワンで提供。企業が「オウンドメディア(独自の媒体)」を構築し、情報発信するコンテンツマーケティングを支援する。

編集部おすすめの関連記事

 自社サイトの内部あるいは外部に、情報発信のためのオウンドメディアを、最短1日で開設できる。社内でサーバを管理する必要がない。

 ブログ記事の投稿ページでは、左側に編集画面、右側にプレビュー画面を表示。文字の装飾や画像の追加をリアルタイムでプレビュー画面に反映できるので、ブラウザやスマートフォンに表示されるデザインを確認しながら制作を進められる。Facebook、Twitterへ投稿することもできる。

 ブログ記事のSEO対策として、キーワードの頻度をチェックする機能を提供する。対策を施したいキーワードをあらかじめ登録しておき、登録したキーワードでの順位、ブログ記事内での頻度を確認できる。

 アクセス解析ページでは、集客の指標であるページビュー(PV)数とユニークユーザー(UU)数、ブログ公開数を前月と比較して表示。検索エンジンからのコンテンツごとの流入数、キーワード順位、リピータ数やソーシャルのシェア数などを測定可能。資料請求や商品購入などへのコンバージョン(直接効果)とともに、アシストコンバージョン(間接効果)も調べられる。

 ほかに、リード情報管理とメール配信、誘導バナー設置、ランディングページ作成などの機能を提供する。ランディングページ作成では、自社の商品やサービスに興味を持った訪問者のコンタクトポイントとして、目的に応じた詳細紹介ページや問い合わせフォームを設置できる。

Cloud CMOの「ブログ記事投稿」画面
Cloud CMOの「ブログ記事投稿」画面(イノーバ提供)
Cloud CMOのまとめ
用途と機能CMSを内蔵したSaaS型MAツール
特徴コンテンツ制作、SEO対策、SNS投稿、メルマガ配信、アクセス解析などをオールインワンで提供。企業がオウンドメディアを構築し、情報発信するコンテンツマーケティングを支援する
税別価格初期費用10万円、月額7万9800円から
導入企業ニューズベース、サイダス、デジタルスタジオ、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ、トランツコンサルティング、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan