国内企業ITインフラ市場、2015年の出荷額は前年比8.5%増の7502億5200万円

 IDC Japanは6月15日、2015年の国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の実績を発表した。出荷額は前年比8.5%増の7502億5200万円となった。

 IDCでは、ITインフラの構成要素のうち、サーバ、ストレージシステム、イーサネットスイッチの各コンポーネントを包含したものをエンタープライズITインフラ市場と定義している。また、トラディショナルITインフラ市場とクラウドITインフラ市場に細分化して集計している。

 コンポーネント別に出荷額を見ると、サーバが市場全体の67.6%にあたる5069億6000万円、ストレージが26.4%にあたる1977億3800万円、イーサネットスイッチが6.1%の455億5400万円。全てのコンポーネントが前年比プラス成長となっており、特にイーサネットスイッチでは前年比25.2%増の高成長を達成した。同社では、第1、第2のプラットフォームから、第3のプラットフォームへのシフトが進展する中、ソーシャル/モビリティの活用やIoT(モノのインターネット)への取り組みによって、個人、企業、クラウドサービスプロバイダーなどの間において、ネットワークを介したデータのやりとりが加速度的に増加していることが背景にあるとしている。

残り本文:約589文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
CMS
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan