メール エイジア

WEBCAS e-mail:毎時300万可能なメール配信システム--属性にあわせても対応

メール配信システムの「WEBCAS e-mail」は、毎時300万通を超える大量の一斉配信が可能。携帯電話事業者の受信サーバに大きな負担を与えずに高速配信できる。「不達」「遅延」といった問題が起きにくい。

WEBCAS e-mailのポイント

  • 大量メールの一斉配信や顧客にあわせたメール配信が可能
  • 携帯電話事業者の受信サーバに大きな負担を与えずに高速配信できる
  • APIと連携して外部システムの操作からメール配信が可能

WEBCAS e-mailの製品解説

 エイジアの「WEBCAS e-mail」は、毎時300万通を超える大量の一斉配信をはじめ、顧客の属性、嗜好、購買履歴などのデータを活用できるメール配信システムだ。クラウド版とパッケージ版がある。

編集部おすすめの関連記事

 パッケージ版で毎時300万通以上、クラウド版でも毎時240万通以上のメール配信を可能しているという。携帯電話メールの配信には、独自技術「WEBCAS Mobile Express」を用いることで、携帯電話事業者の受信サーバに大きな負担を与えずに高速配信できる。そのため、「不達」「遅延」といった問題が起きにくい。

 顧客情報、購買履歴、商品情報と連携させれば、「性別」「年齢」「地域」などの顧客属性や、「商品」「購入日」「購入金額」などの購入履歴を組み合わせ、顧客にあったメールを配信できる。

 APIと連携すれば、既存の会員管理システムや顧客関係管理システム(CRM)、統合基幹業務システム(ERP)、営業支援システム(SFA)などを操作するだけでメール配信が可能となっている。

配信条件の設定例
配信条件の設定例(エイジア提供)
WEBCAS e-mailのまとめ
用途と機能大量メールの一斉配信やデータ活用もできるメール配信システム
特徴パッケージ版で毎時300万通以上、クラウド版でも毎時240万通以上のメール配信を可能としている。顧客情報、購買履歴、商品情報を組み合わせて顧客にあったメールを配信できる
税別価格クラウド版は初期費用3万円から、月額1万円から。パッケージ版はライセンス費用400万円から、保守費用は別途必要
導入企業コーセープロビジョン、テモナ

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan