クライアントセキュリティ マカフィー

McAfee Endpoint Protection for SMB:ウェブ対策やデータ保護などで多層防御

エンドポイントセキュリティツールの「McAfee Endpoint Protection for SMB」はマルウェア対策やデータ保護、デスクトップファイアウォールなどの機能を提供する。中堅中小企業での利用を想定している。

McAfee Endpoint Protection for SMBのポイント

  • 脅威対策、ウェブ対策、データ保護などの防御機能を提供
  • 端末が未使用のときにウイルススキャンを実行、処理が遅くならない
  • 全ての管理作業を単一のコンソールで処理可能

McAfee Endpoint Protection for SMBの製品解説

 マカフィーの「McAfee Endpoint Protection for SMB」は、脅威対策、ウェブ対策、データ保護などの防御機能を提供するエンドポイントセキュリティツールだ。中堅中小企業での利用を想定しており、WindowsとOS Xに対応する。オンプレミス版とクラウド版がある。

編集部おすすめの関連記事

 脅威対策では、クライアントPCとサーバをウイルスなどから防御する「マルウェア対策」、攻撃の発生時にフォルダに対するアクセスを制限する「アクセス保護」、悪意あるプログラムの実行による不正行為を阻止する「脆弱性防御」、正規の通信のみを許可する「デスクトップファイアウォール」――といった機能を備える。

 ウェブ対策では、ウェブページの利用権限を制御して、ウェブ関連の脅威を阻止する機能を提供。データ保護では、リムーバブルデバイスに対する未承認のアクセスを阻止して情報の漏えいを防ぐ。

 ウイルススキャンは端末が未使用のときにだけ実行する仕組みになっている。スキャン実行中に端末の処理速度が遅くなり、仕事が中断してしまうという心配はない。過去のスキャン情報を保持する機能を備えているので、スキャンを重ねるごとに実行時間が短縮される。

 全ての管理作業を単一のコンソールで処理できる。操作はシンプルで、ボタンをクリックするだけで、セキュリティポリシーの定義やレポートの生成を実行可能だ。

McAfee Endpoint Protection for SMBのまとめ
用途と機能中堅中小企業向けのエンドポイントセキュリティツール
特徴脅威対策、ウェブ対策、データ保護などの防御機能を提供する。オンプレミス版とクラウド版がある
税別価格1年間のサブスクリプションが1クライアントあたり3750円(クライアント数が25以下の場合)から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan