ERP

NetSuite:CRM、Eコマースの機能を統合したクラウドERP

クラウドERPの「NetSuite」は、顧客関係管理(CRM)と電子商取引(Eコマース)の機能を統合している。全ての情報を単一のデータベースで管理し、業務を横断して共通のデータを参照する仕組みになっている。

NetSuiteのポイント

  • 財務会計(ERP)、顧客関係管理(CRM)、電子商取引(EC)の機能を統合したSaaS
  • 単一のデータベースで情報を管理するため、全ての機能を連携可能
  • 業務全体のプロセス統合と最適化、経営の見える化を支援

NetSuiteの製品解説

 ネットスイートの「NetSuite」は、顧客関係管理(CRM)と電子商取引(Eコマース)の機能を統合したクラウドERPだ。業務全体のプロセス統合と最適化、経営の見える化を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 「NetSuite ERP」は、財務会計、在庫管理、供給管理、受注管理、請求管理などのバックオフィス業務に加えて、集計や分析、レポーティングなどのビジネスインテリジェンス(BI)機能を統合。全ての情報を単一のデータベースで管理し、業務を横断して共通のデータを参照する仕組みになっている。これによって、業務ごとのデータ入力、業務間のファイル連携、データ集計の作業を最小限に抑えられる。ダッシュボードを通して、業務ごとの主要評価指標(KPI)をリアルタイムに確認できる機能も備えている。

 「NetSuite CRM+」は、顧客管理だけでなく営業支援(SFA)、マーケティングオートメーション(MA)、パートナー管理などの機能も提供する。最初の接触から見込み顧客、潜在顧客、販売注文、受注から入金管理、アップセルとクロスセル、サポートに至るまで、顧客のライフサイクル全体にわたって情報の流れを管理する。

 「SuiteCommerce」は、複数の販売チャネルやロケーションを統合的に管理する機能を提供。CRMやSFAなどのフロントオフィス業務、財務会計や在庫管理などのバックオフィス業務と連携するECサイトを構築可能だ。消費者向け取引(BtoC)と企業間取引(BtoB)の両方に対応する機能を備えている。

 これらに加えて、プロジェクト形式の業務の管理を支援する「NetSuite PSA」という機能も提供。プロジェクト管理やリソース管理、プロジェクト会計、タイムシート、経費管理、分析などの機能を備えている。

NetSuiteのまとめ
用途と機能ERP、CRM、Eコマースの機能を統合したSaaS
特徴業務全体のプロセス統合と最適化、経営の見える化を支援する。単一のデータベースで情報を管理するため、全ての機能を連携させることが可能
導入企業 ベッコフオートメーション、プリアップ、アイトー、オーマイグラス、新総企、CDG、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan