アクセス解析 オーリック・システムズ

RTmetrics:モバイルにも対応するアクセス解析ツール--パケットから解析

アクセス解析ツールの「RTmetrics」は、PCサイトとモバイルサイトにアクセスしている訪問者の行動を分析できる。「パケットキャプチャ」方式と「タグ解析」方式に対応する。

RTmetricsのポイント

  • PCサイトとモバイルサイトに対応したアクセス解析ツール
  • パケットキャプチャ方式とタグ解析方式に対応
  • PV、参照元、検索エンジン、検索キーワード、滞留時間などを集計

RTmetricsの製品解説

 オーリック・システムズの「RTmetrics」は、PCサイトとモバイルサイトに対応したアクセス解析ツールだ。パケット情報を解析する「パケットキャプチャ」方式なので、ウェブサーバへの負担が少なく、ログデータが膨大になる大規模サイトにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブサイトにアクセスしている訪問者の行動をリアルタイムにレポート。ページビュー(PV)、参照元サイト、検索エンジン、検索キーワード、各ページの滞留時間などの詳細情報を集計する。サイト内で任意に指定したチェックポイントの離脱率分析や、特定ページを基点として訪問者の前後の動線を表示する経路分析などができる。

 クライアントPC、携帯電話(フィーチャーフォン)、スマートフォンなど、サイト訪問者の端末を選ばず、同一指標で解析可能。モバイル端末を利用して訪問したユーザーの情報を、全てのキャリアでPCと同様に解析し、スマートフォンからのアクセスを機種名、OS種類、バージョンで表示する。

 パケットキャプチャ方式のほかに、タグ解析方式のアクセス解析も利用可能。これにより外部のウェブサイトを解析することができる。

 サーバを設置すればすぐに解析を始められる。タグの埋め込みが不要なので、ウェブページを変更する必要がない。導入時に必要なサーバやネットワークスイッチなどのハードウェアをワンストップで調達するサービスも用意する。

 オプションで、全てのユーザーと全てのクリック情報を蓄積して分析できる「RTmetrics AM(Advanced Analytic Module)」を提供する。同製品を使えば、特定の検索キーワードから流入したユーザーの動線や、新規、再訪問ユーザーごとの分析が可能になる。特定のユーザーに注目して流入から離脱までの動線を追ったり、ユーザー全体の傾向を分析したりできる。

RTmetricsの画面
RTmetricsの画面(オーリック・システムズ提供)
RTmetricsのまとめ
用途と機能PCサイトとモバイルサイトに対応したアクセス解析ツール
特徴パケット情報を解析する「パケットキャプチャ」方式なので、ウェブサーバへの負担が少なく、ログデータが膨大になる大規模サイトにも対応する
動作環境Red Hat Enterprise Linux
導入企業じぶん銀行、スクロール、KADOKAWA、プロトコーポレーション、みんかぶ、アマナ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]