メール ラクス

配配メール:PCに不慣れでも使えるクラウド型メール配信--HTMLにも対応

クラウド型のメール配信システムである「配配メール」は、PCに不慣れであってもメールマガジンを配信できる。HTMLメールにも対応し、配信エラーの解析やメール開封率の確認といった効果を測定できる。

配配メールのポイント

  • PCの操作に不慣れでもメールマガジンが配信可能、HTMLにも対応
  • 配信エラーの解析やメール開封率の確認といった効果測定機能を備える
  • API連携により、既存システムにメールマーケティング機能を付加できる

配配メールの製品解説

 ラクスの「配配メール」は、クラウド型のメール配信システムだ。PCの操作に不慣れであってもメールマガジンを配信でき、配信エラーの解析やメール開封率の確認といった効果測定ができる。

編集部おすすめの関連記事

 メールのひな型を登録できるテンプレートや、HTMLメールを簡単に作成できるエディタなど、メール作成を支援する機能が豊富にある。テキストメールに加えて、絵文字やHTMLメールなどを使ったメールマガジンを作成できる。

 迷惑メールとしてブロックされること防ぐため、複数IPからの並列配信などのシステム面と、出会い系などの業者の配信を断るという営業面で対策を採っているという。テスト配信や予約配信などの機能により、ミスなくメールを配信できる。

 メールのエラー解析機能により、送信先のメールアドレスが使われているかどうかが分かる。HTMLメールであれば、メールの開封率を確認できる。配信したメールの文中にあるURLを、いつ誰がクリックしたのかを調べることも可能だ。

 API連携により、既存システムにメールマーケティングの機能を追加できる。既存システムから直接メールを配信し、その結果をフィードバックすることで、全ての情報を既存システムで管理可能である。

画面イメージ
画面イメージ(ラクス提供)
配配メールのまとめ
用途と機能クラウド型のメール配信システム
特徴PCの操作に不慣れであってもメールマガジンを配信でき、配信エラーの解析やメール開封率の確認といった効果測定ができる
導入企業シンフィールド、博水社、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan