開発ツール

継続的な改善を繰り返すには--モバイルアプリの運用保守とmBaaSの活用事例

モバイルアプリの運用保守のポイントと、モバイルアプリの開発実行環境となるmBaaS「Oracle Mobile Cloud Service」の活用事例を取り上げる。

 前回は、モバイル全般のトレンドとモバイルアプリ開発のポイントについて解説しました。今回は、モバイルアプリの運用保守のポイントと、モバイルアプリの開発実行環境となるmBaaS(mobile Backend as a Service)「Oracle Mobile Cloud Service」の活用事例を取り上げます。

モバイルアプリの運用保守

 モバイルアプリがウェブアプリケーションと最も異なる点は、アプリ改修の必要性や頻度が圧倒的に高いということです。利用者が普段使っているモバイルアプリと比べられることが多く、ユーザーインターフェース(User Interface:UI)やユーザー体験(User eXperience:UX)、機能面などさまざまな観点で改善が求められます。

 業務向けモバイルアプリ(Business to Employee:BtoE)はもちろんですが、一般提供されているコンシューマー向けモバイルアプリ(BtoC)においては、売り上げやブランディングなどに直結するため定期的な改善が必須です。

編集部おすすめの関連記事

 アプリの改善を繰り返していくには、開発のPDCAサイクルを高い精度で回し続けることが重要になります。そのためには、アプリの問題点や改良点を分析して可視化する必要があります。もちろん、ウェブアプリケーションのようにパフォーマンスやシステムエラーを監視するだけでなく、UI/UXの改善点も洗い出さなければなりません。

 Oracle Mobile Cloud Serviceでは、ビジネス的な観点として、ユーザーの利用状況(頻度、時間)、デバイス情報(OS、キャリア)、位置情報、ページ遷移率などの情報を収集して分析できます。さらに技術的な観点から、アクセス数、レスポンスタイム、クラッシュ数、描画時間なども調査できます。

Oracle Mobile Cloud Serviceの画面イメージ
Oracle Mobile Cloud Serviceの画面イメージ

 こうした機能を用いてモバイルアプリの利用状況を可視化することで、デザインや機能の継続的な改善につなげられるようになります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]