NAS SAN フラッシュストレージ Hewlett-Packard EMC IBM Dell

世界ストレージ市場、第1四半期は7%減--オールフラッシュアレイは87.4%増と急伸

IDCは、企業向けストレージシステム市場に関する調査結果を発表した。2016年第1四半期における全世界の売上高は前年同期比7%減の82億1130万ドルだった。

 IDCは、企業向けストレージシステム市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年第1四半期における全世界の売上高は82億1130万ドルで、前年同期の88億2790万ドルに比べ7.0%減。総出荷容量は前年同期比4.0%減の27.8エクサバイト(EB)だった。

 特に減収が目立ったのは、特定のストレージベンダーでなく、ハイパースケールデータセンター向けに直販するODMベンダー。前年同期に11億3150万ドルあった売上高が当期は6億8050万ドルまで減り、前年同期比39.9%減という大幅な縮小となった。

 このように低迷するなかでも、フラッシュアレイシステムは売上高が伸びていた。具体的には、オールフラッシュアレイ(AFA)が7億9480万ドルで前年同期比87.4%増。また、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)が22億ドルで、市場全体の26.5%を占めた。

残り本文:約1839文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]