マーケティングオートメーション

Marketo:営業すべき顧客を見極められるMAツール--複数経路で顧客を把握

マーケティングオートメーション(MA)ツールの「Marketo」は、マーケティング活動を効率化し、複数チャネルにまたがるキャンペーンの効果を測定できる。顧客をスコアリングすることで、積極的に営業するべき相手を見極められる。

Marketoのポイント

  • マーケティング活動を効率化するためのMAツール
  • 複数チャネルにまたがるキャンペーンを作成し、効果を測定できる
  • 顧客をスコアリングし、積極的に営業するべき相手を見極められる

Marketoの製品解説

 マルケトの「Marketo」は、メールやソーシャルメディア、ウェブサイトなどを通じたマーケティング活動を効率化するためのマーケティングオートメーション(MA)ツールだ。複数チャネルにまたがるキャンペーンを作成し、その効果を測定できる。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブサイトやメール、ソーシャルメディア、モバイルをはじめとする複数のチャネルから顧客情報を集め、マーケティング用のデータベースに蓄積する。集積した情報をもとに顧客を細かくグループ分けすることで、キャンペーンの効果を高められる仕組みだ。

 顧客の中から、商品やサービスを購入または利用する可能性をスコアリングし、積極的に営業するべき顧客を見極めることが可能だ。スコアが高い顧客には担当者が電話やメールをして面談を設定する、といった具合に営業活動を展開できる。

 スコアリングは、企業の業態にあったシナリオを選択し、属性や購買意思などに関する項目から設定する。具体的には、ウェブサイトの訪問やキャンペーンに対するレスポンス、顧客関係管理(CRM)システムの値の変化、属性情報の更新(役職、所属部門の変化)などがある。

Marketoのまとめ
用途と機能マーケティング活動を効率化するためのMAツール
特徴ウェブサイトやメール、ソーシャルメディア、モバイルをはじめとする複数のチャネルから顧客情報を集め、マーケティング用のデータベースに蓄積。顧客を細かなセグメントに分けることができ、メールキャンペーンなどの効果を高められる
導入企業ライフネット生命、パソナ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]