開発ツール PaaS Amazon Web Services

「AWS Lambda」で考えるサーバレスアーキテクチャの基本

はじめに

 サーバレスアーキテクチャとは、サーバの存在を考えなくていいというシステム構成です。従来はアプリケーションサーバなどで稼働させていたシステムを、クラウドサービスやAPIを組み合わせて動作させます。リソースの管理をクラウド事業者側に任せることで、開発者がアプリケーション開発に集中できるなどのメリットがあります。

 通常、何か新しいサービスを提供する際は、ハードウェアの調達とサーバの構築を済ませてから、そこにアプリケーションを構築していきます。しかし、このような構成では次のことを考えなくてはなりません。

  • ハードウェアは故障しないだろうか
  • プロセスは異常終了していないだろうか
  • CPU、メモリ、ストレージなどのリソースは枯渇していないだろうか
  • セキュリティパッチの適用は問題ないだろうか

 クラウドで構築する場合は、ハードウェアの故障に関しては実装者ではなくクラウド事業者側が管理してくれますが、それ以外の項目に関しては実装者側が担当することになります。そのため、サービスを提供しようとしたはずが、サービス以外の部分に気をかける必要が出てきてしまいます。

 サービスがヒットして大量のアクセスが来るのであれば、それに対応できるだけのリソースを用意する必要がありますし、逆にあまりアクセスが来ないのならば、的確にさばけるだけのリソースがあればよいわけです。

 しかし、実際に自分たちが構築したサービスにどれくらいのリクエストが来るのかを、サービス開始前に見積もるのは容易ではありません。できればサービスの開発に注力し、そのインフラや周辺環境のことに関しては手間をかけたくないものです。

 サーバレスアーキテクチャでは、こうしたリソースの管理や運用といった部分をクラウド事業者側に任せることで、本来のサービス実装に注力できるようになるのです。

AWSにおけるサーバレスアーキテクチャ

残り本文:約2550文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan