名刺管理 キングソフト

CamCard:利用者同士で名刺交換できるクラウド型名刺管理サービス

個人向け名刺管理サービスの「CamCard」は、スマートフォンで名刺を撮影すると、画像補正やOCRで自動で名刺情報をデータ化して管理できる。アプリの利用者間で“デジタル名刺交換”ができる。

CamCardのポイント

  • クラウド型の個人向け名刺管理サービス
  • 画像補正やOCR技術により自動で名刺情報をデータ化して管理できる
  • アプリの利用者間で“デジタル名刺交換”ができる

CamCardの製品解説

 キングソフトの「CamCard」は、クラウド型の個人向け名刺管理サービスだ。スマートフォンで名刺を撮影すると、画像補正や光学文字認識(OCR)技術により自動で名刺情報をデータ化して管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 名刺情報には、画像やテキストなどで、名刺の追加情報や相手とのやり取り履歴を添付できる。ToDoやリマインダの設定、タグの追加、会社所在地の地図表示なども可能だ。

 クラウドにデータを保存するので、スマートフォンだけではなくPCからも名刺情報を閲覧、管理できる。テキストや画像、動画を使って自分自身のプロフィールを登録することで、アプリの利用者間で“デジタル名刺交換”ができる。

 無料版として画面に広告を表示する「CamCard Lite」を提供する。CamCard Liteは当初、名刺登録枚数を200枚に制限していたが、2015年7月9日から無制限とした。企業向けには、同社の専任オペレーターが目視によりデータを修正するとともに、名刺情報を社内で共有できる「CAMCARD BUSINESS」を用意する。

 英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ハンガリー語、イタリア語、スウェーデン語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ノルウェー語、ロシア語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語の16カ国の言語に対応する。

CamCardの画面イメージ
CamCardの画面イメージ(キングソフト提供)
CamCardのまとめ
用途と機能クラウド型の名刺管理サービス
特徴スマートフォンで名刺を撮影すると、画像補正や光学文字認識(OCR)技術により自動で名刺情報をデータ化して管理できる。無料版や企業版を別途提供する
税込価格iOS、Androidアプリ:960円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan