ソーシャルメディア分析

エンゲージマネージャー:SNS運用を効率化する統合管理ツール--対話履歴を保存

ソーシャルメディア統合管理ツールの「エンゲージマネージャー」は、Twitter、Facebook、Google+、mixi、YouTube、LINEなどの複数の企業アカウントを一元管理できる。ユーザーと1対1、1対nの対応を効率化する。

エンゲージマネージャーのポイント

  • ソーシャルメディアの運用業務を効率化する統合管理ツール
  • Twitter、Facebook、Google+、mixi、YouTube、LINEに対応
  • ユーザーと1対1、1対nの対応を効率化できる

エンゲージマネージャーの製品解説

 トライバルメディアハウスの「エンゲージマネージャー」は、ソーシャルメディアの運用業務を効率化する統合管理ツールだ。Twitter、Facebook、Google+、mixi、YouTube、LINEなどの複数の企業アカウントを一元管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 ユーザーごとの会話履歴を表示したり、ラベル付けをしたりできる。この機能により、ユーザーへの1対1、1対nでの対応を効率化できる。Twitterの場合、リツイート、リプライ、メンション、ダイレクトメッセージなどの対話履歴を保存、閲覧できる。

 ソーシャルメディアデータの中から、自社の運用結果を評価するために必要な項目を自動で測定、分析する。簡単な操作でレポートとして出力することも可能だ。自社投稿のエンゲージメントやインプレッション、リーチなどのデータに加え、各投稿コンテンツのエンゲージメント数の推移を1時間ごとに計測できる。

 他社のソーシャルメディアアカウントの運用状況も把握できるため、ライバル企業との比較が可能だ。自社のポジションや課題を把握できる。エンゲージメントが高い他社の投稿を参照し、自社の投稿コンテンツの企画に役立てることも可能だ。

エンゲージマネージャーの画面
エンゲージマネージャーの画面(トライバルメディアハウス提供)
エンゲージマネージャーのまとめ
用途と機能ソーシャルメディアの運用業務を効率化する統合管理ツール
特徴Twitter、Facebook、Google+、mixi、YouTube、LINEなどの複数の企業アカウントを一元管理できる
税別価格5IDで利用する場合、初期費用10万円、月額15万円
導入企業サンリオ、ベイクルーズ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan