販売管理 マーケ・営業

快作ビジネス+:タブレットに最適化された卸売業向け基幹業務パッケージ

中小規模の流通卸売業向け基幹業務パッケージである「快作ビジネス+」は、販売、購買、在庫、債権、債務の管理機能を備える。タブレットでの利用を想定して画面が最適化されている。

快作ビジネス+のポイント

  • 中小規模の卸売業向け基幹業務パッケージ
  • 販売、購買、在庫、債権、債務の管理機能を備える
  • タブレットでの利用を想定して画面を最適化

快作ビジネス+の製品解説

 日立ソリューションズ・クリエイトの「快作ビジネス+」は、中小規模の卸売業向け基幹業務パッケージだ。販売、購買、在庫、債権、債務の管理機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 PCでの利用に加え、タブレットでの利用を想定して画面を最適化している。社外での営業活動や倉庫内での在庫管理にはタブレットを歩き、社内と迅速に情報を共有するといった使い方ができる。

 販売先や仕入先との大量な受発注データの取り込みや内容の確認画面、発注の自動化機能などがある。個別の取引に対応した電子データ交換(Electronic Data Interchage:EDI)機能を使うと、大量の伝票処理でも素早く処理、確認できる。

 情報の活用や一元管理による情報共有を実現するため、DTSの分析ツール「データスタジオ@WEB」と連携できる。高度なレポーティング、自由な帳票の設計と出力、複雑な集計を簡単かつ直感的に利用できるとしている。

快作ビジネス+の概要図
快作ビジネス+の概要図(日立ソリューションズ・クリエイト提供)
快作ビジネス+のまとめ
用途と機能中小規模の卸売業向け基幹業務パッケージ
特徴販売、購買、在庫、債権、債務の管理機能を備える。EDI機能を使って大量の伝票処理を素早く処理、確認できる
税別価格1サーバライセンスと5クライアントアクセスライセンスで300万円
導入企業北里研究所、日本理工商事、など

「販売管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]