タブレット

世界タブレット市場、2年連続で出荷減へ--2018年にはデタッチャブル型人気で回復

IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は2年連続で減少し、前年に比べ9.6%少なくなると見込む。

 IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は2年連続で減少し、前年に比べ9.6%少なくなると見込む。ただし、2018年には、デタッチャブル型タブレットの出荷拡大と、需要が継続的にある安価なスレート型タブレットの影響で、全体の出荷台数がわずかに回復すると予想している。

 タブレット市場全体に占めるデタッチャブル型の割合は現在16%だが、IDCはこれが2020年に31%まで拡大するとした。

 タブレットメーカーは規模の大小にかかわらず、徐々にデタッチャブル型へと軸足を移しつつあるという。すでにその影響は、タブレット製品の種類増加、平均販売価格(ASP)の下落、消費者のデタッチャブル型に対する認知度向上、という結果になって現れている。

残り本文:約720文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan