帳票管理 ウイングアーク1st

SVF:ノンプログラミングで設計できる帳票基盤ソフト群--出力にも柔軟対応

帳票基盤ソフト群の「SVF」は、ノンプログラミングで帳票を設計でき、さまざまな出力形式や印刷要件に対応する。専用ドライバを用いてプリンタに依存せずに帳票出力できる。

SVFのポイント

  • さまざまな出力形式や印刷要件に対応する帳票管理ソフト群
  • ノンプログラミングで帳票を設計できる
  • 専用ドライバを用いてプリンタに依存せず帳票出力できる

SVFの製品解説

 ウイングアーク1stの「SVF」は、ノンプログラミングで帳票を設計でき、さまざまな出力形式や印刷要件に対応する帳票管理ソフト群だ。企業固有の複雑な帳票フォームを設計したり、システムに蓄積されたデータと帳票フォームを統合したりできる。

編集部おすすめの関連記事

 印刷のほかに、PDFやExcelなどのファイル形式でも出力できる。帳票のレイアウトは、専用のGUI環境で開発できるだけでなく、社内で利用していた紙の帳票を読み込んで作成することも可能だ。

 プリンタに依存しない帳票出力ができることも特徴の1つ。独自のSVF専用ドライバを用いることで、さまざまなプリンタに対してネイティブコマンドを自動的に出力でき、機種を問わずに高速で大容量な印刷を可能にするとしている。

 企業の中で個別に管理されている帳票システムを拡張しながら共通化することもできる。システムを一元化することで、運用メンテナンスにかかるコストが下げられるほか、証跡管理などの情報も一元管理できる。

SVFのまとめ
用途と機能ノンプログラミングで帳票を設計でき、さまざまな出力形式や印刷要件に対応する帳票管理ソフト群
特徴企業固有の複雑な帳票フォームを設計したり、システムに蓄積されたデータと帳票フォームを統合したりできる。独自のSVF専用ドライバを用いてプリンタに依存しない帳票出力ができる
税別価格「SVF for PDF Client Edition」の製品価格は10クライアントで50万円、「RDE Limited」の製品価格は1サーバで200万円
導入企業丸菱、電算システム、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 施行まで1年を切ったGDPR--対応のポイントと企業が行うべき準備

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan