メール エアー

WISE Audit:電子証拠開示 に活用--クラウド対応メールアーカイブソフト

メールアーカイブソフトの「WISE Audit」は、電子証拠開示などの監査要件に対応する。SMTPサーバだけでなく、Dominoや Exchange、Office 365やGoogle Appsなどのクラウドメールにも対応する。

WISE Auditのポイント

  • 電子証拠開示(eDiscovery)などの監査要件に対応したメールアーカイブソフト
  • SMTPサーバのほか、DominoやExchange、Office 365、Google Appsにも対応
  • やり取りを可視化して、送信者を中心とした交流パターンを相関図を表示する

WISE Auditの製品解説

 エアーの「WISE Audit」は、電子証拠開示(eDiscovery)などの監査要件に対応したメールアーカイブソフトだ。SMTPサーバだけでなく、DominoやExchangeといったメールシステム、Office 365やGoogle Appsなどのクラウドメールにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 社内外と送受信したメールを暗号化してアーカイブに保存する。メールのハッシュ値をアーカイブの前後で比較して改ざんの有無を判定する機能を備える。

 保存したメールは、自然文入力での類似検索、演算子を使用した条件式検索、複数の自然文を指定した類似検索による絞り込み検索など、さまざまな切り口で検索できる。Microsoft OfficeやPDF、CSV、XML、一太郎のファイルが添付されている場合は、ファイルの中身もキーワード検索の対象に含められる。あらかじめ条件を登録しておければ、定期的あるいは自動的にキーワード検索を実行するバッチキーワード検索機能も備えている。同一条件で定期的に検索を実行して結果を報告できるため、メールアーカイブの監視に役立てられる。

 メールのやり取りを可視化する機能も搭載。送信者を中心とした交流パターンを相関図を表示する。さらに、特定の相手とのやり取りを絞り込んだり、本文や添付ファイルのキーワード検索で絞り込んだりすることも可能だ。

 単一の企業が自社専用のシステムとして導入する「シングルモデル」ライセンスのほかに、複数の企業がマルチテナントで利用する「マルチモデル」ライセンスも用意している。

メール相関図機能
メール相関図機能(エアー提供)
WISE Auditのまとめ
用途と機能電子証拠開示などの監査要件に対応したメールアーカイブソフト
特徴SMTPサーバだけでなく、DominoやExchangeといったメールシステム、Office 365やGoogle Appsなどのクラウドメールにも対応する
税別価格シングルモデル(ユーザー数が最大200人):年間48万円、マルチモデル(ユーザー数が最大500人):年間154万円
導入企業 兼松エレクトロニクス、堀場製作所、西川ゴム工業、ブリヂストンソフトウェア、富士ソフト、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan